交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 交通事故で起こり得る後遺症の種類 » むち打ち

むち打ち

交通事故に多く見られるむち打ち症の種類や、詳しい症状についてまとめています。

交通事故に多い「むち打ち」とは

むち打ち症は、交通事故による外傷で最も多くみられる障害です。病名としては、頸椎捻挫・頸椎挫傷・外傷性頚部症候群などと呼ばれています。

主に、自動車の追突事故・衝突事故・急停車などによって首が激しく揺さぶられ、首の筋肉・靭帯・神経・頸椎などの組織が損傷を受けることによって起こります。人によって訴える症状はさまざまで、事故の状況・被害者の年齢・体質などによっても症状が変わってきます。

むち打ち症の種類

むち打ち症は症状に基づいて主に以下の4パターンに分類されています。

頚椎捻挫型

交通事故によるむち打ちで最も多いのが頸椎捻挫型。むち打ち症全体の70~80%はこれに該当します。頸椎周辺の筋肉・靭帯・軟部組織の損傷が見られ、主な症状は首の痛み・重み・コリ・だるさなど。

特に、首や肩の痛みはその部分を伸ばすと強くなる傾向にあります。なかには、頭痛・めまい・吐き気などを伴うケースもあるようです。

神経根症状型

神経根とは、脊髄から出る神経の根元部分のこと。運動神経と知覚神経が集まるこの神経根にヘルニア等によりダメージや圧迫を受けることで、神経根状型のむち打ち症が現れます。主な症状は、首・肩・腕・手・指の痛みやしびれ、だるさなど。

首を横に曲げたり回したりすると痛みが強くなるほか、手指などに感覚異常が見られることもあります。

脊髄型

精髄にダメージが及ぶと上肢だけでなく下肢にも症状が現れます。上肢の運動障害、筋力の低下、巧緻運動障害、下肢の歩行障害、知覚障害等を呈し、中には膀胱直腸障害が起こることもあります。

バレ・リユウー症状型

交通事故によるダメージが頸椎を通り越し、その中にある椎骨動脈や自律神経が傷ついたケース。後部交感神経症候群とも呼ばれます。

主な症状は、頭痛・肩や首の痛みに加え、めまい・耳鳴り・視力障害・眼精疲労などの多彩な症状が認められ、ものを飲み込みにくくなったり、息苦しさを訴えることもあります。

むち打ち症で認定される後遺障害等級

むち打ち症で認定される可能性のある後遺障害等級は以下の通りです。

  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの

自賠責保険の認定基準で12級13号に認定されるのは、神経症状の存在が医学的に証明されている場合。たとえば、レントゲン・CT・MRIなどの検査によって症状が他覚的に証明されており、さらに反射テスト・知覚テスト・ジャクソンテストなどで神経学所見からも証明可能な場合となります。

14級9号は、医学的な証明はできないものの、神経症状の存在が医学的に説明できる場合。損傷を受けてから症状固定に至るまで、被害者の訴える症状が一貫・連続していることが条件となります。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ