交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 交通事故で起こり得る後遺症の種類 » むち打ち

むち打ち

交通事故に多く見られるむち打ち症の種類や、詳しい症状についてまとめています。

交通事故に多い「むち打ち」とは

むち打ち症は、交通事故で外傷を受けたときに非常に多くみられる症状です。正式な診断名としては、「頸椎捻挫」「頸椎挫傷」「外傷性頚部症候群」などとなります。

むち打ちの原因は、自動車の追突事故・衝突事故・急停車などによって首の骨である「頸椎」が激しく揺さぶられ、一瞬S字型に「しなる」ことなどです。頸椎の筋肉・靭帯・神経・頸椎などの組織が損傷を受けて、さまざまな症状が発生します。

たとえば、以下のような症状が典型です。

  • 首の痛み
  • 肩こり、肩の痛み
  • 背中の痛み、コリ
  • 腕の痛み、しびれ感
  • また、以下のような症状が出ることもあります。

  • 頭痛
  • めまい、耳鳴り
  • はきけ
  • 倦怠感
  • 食欲不振

雨の日に症状が強くなる方もおられます。

むち打ち症の分類

交通事故による「むち打ち症」の多くは上記のとおり、「頸椎捻挫」や「外傷性頸部症候群」ですが、ときにはそれ以外の症状が起こるケースもあります。

以下では典型的な「頸椎捻挫」を含め、4パターンのむち打ち症の分類をご紹介します。

頚椎捻挫型

頸椎捻挫型は、もっとも典型的なむち打ち症です。

事故によって頸椎部分に衝撃を受けたことを原因として、頸椎周辺の筋肉・靭帯・軟部組織を損傷して、首の痛み・重み・コリ・だるさなどの症状が出ます。

特に、首や肩を伸ばすと痛みが強くなる傾向があります。

整形外科を受診して治療を行う必要があります。症状が落ち着いてきたら整骨院に通う方も多く、リハビリなどによって時間をかけて症状の完治を目指します。

神経根症状型

事故の衝撃による損傷が末梢神経だけではなく「神経根」にまで及んだケースです。

神経根とは、脊髄から派生している神経の根元部分のことで、運動神経や知覚神経が集まっています。

神経根型の場合、交通事故の衝撃が神経根にまで達しているわけですから、一般的なむちうち(頸椎捻挫)と比べると、かなりの重傷です。主な症状は、首の深部の痛み、首の後ろから肩甲骨にかけての疼痛、肩から腕にかけての痛みやしびれ、だるさ、左右どちらかの指のしびれ感、顔面の痛みなどです。

脊髄型

脊髄型は、むちうちのダメージが脊髄にまで及んでしまった場合の症状です。脊髄は人の中枢神経であり、運動機能や知覚の機能を司っています。そこで脊髄を損傷すると、手足の運動障害や筋力の低下、細かい動きをできなくなる巧緻運動障害、歩行障害、知覚障害などさまざまな症状が出る可能性があります。膀胱直腸障害を発症する例もあります。

ただ、むち打ちで脊髄まで損傷する例は非常に稀です。

バレ・リユウー症候群型

バレ・リュー症候群型は、交通事故による衝撃が交感神経や自律神経に影響を及ぼしてしまうケースです。

代表的な症状は頭痛で、局所のしびれ感や脱力感、手足の冷え、身体全体の倦怠感や疲労感、脱力感などの症状が出ます。不眠も続くケースが多数です。

さらに、めまいや耳鳴り、難聴、眼精疲労、目の調節機能障害や涙が止まらなくなる流涙障害なども起こります。

一般的なむち打ちと同様に肩コリや背中の痛みが起こるケースもありますし、腰痛を発症することもあります。動悸、息切れ、食欲不振、吐き気、下痢腹痛、便秘なども発生します。ものを飲み込みにくくなったり、息苦しさを訴えることもあります。

このように、バレ・リュウー症候群の症状は非常に多彩です。これは、交感神経や自律神経が害されて、身体全体の調節がうまくいかなくなってしまうためです。

また、一般的なむち打ち症(頸椎捻挫)の場合には整形外科を受診しますが、バレ・リュウー型の場合にはペイン・クリニックを受診する必要があります。

有効な治療方法も頸椎捻挫とは異なるので、病院の医師とよく相談しながら治療を進めて下さい。

むち打ち症で認定される後遺障害等級

交通事故のむち打ち症となった場合、たいていは「頸椎捻挫」か「外傷性頸部症候群」ですが、この場合に認定される可能性のある後遺障害等級は以下の通りです。

  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの

12級13号になる場合

自賠責保険の認定基準で12級13号に認定されるのは、神経症状の存在が医学的に証明されている場合です。

「医学的に証明できている」というためには、自覚症状があるだけでなく、MRI等によって症状を他覚的に証明することが必要です。

MRI検査機器にもさまざまな精度のものがあり、どの機器を用いるかで症状が写るケースと写らないケースがあります。適正な後遺障害認定を受けるためには、できるだけ精度の高い医療機器を置いている病院を受診しましょう。

14級9号になる場合

14級9号は、症状について医学的な証明はできないものの、被害者の自覚症状に沿った神経症状の存在を合理的に説明できる場合に認定されます。つまり、MRIによって症状を証明できなくても、むちうちの後遺症が残っていることを合理的に推認させることができれば、後遺障害14級の認定を受けられるということです。

14級の認定を受けるには、交通事故による損傷を受けてから症状固定に至るまで、被害者の訴える症状が一貫していること、被害者が事故直後から症状固定するまで、一定以上の頻度できちんと病院に通っていることなどが必要です。

なお、頸椎捻挫以外の症状の場合には、12級や14級以外の後遺障害等級が認定される可能性もあります。たとえば脊髄損傷のケースなどでは、9級や7級の後遺障害が認定され、より高額な慰謝料や逸失利益が支払われる事例も存在します。

もしも交通事故でむち打ちになったのであれば、どの等級の後遺障害に該当し、どの程度の賠償金を受けとれるものか、一度交通事故に詳しい弁護士に相談してみると良いでしょう。

免責事項

このサイトは私的な見解によるものですので、具体的行動をされる際には必ず弁護士や専門家の方に相談をするようにしてください。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ