交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 交通事故で起こり得る後遺症の種類 » 上肢機能障害

上肢機能障害

交通事故による上肢機能障害とはどのような症状かを詳しく解説しています。

上肢機能障害とは

上肢とは、肩関節・肘関節・手関節の3大関節と手指の部分を指します。上肢機能障害とは「上肢の用を全廃したもの」「関節の用を廃したもの」「関節の機能に著しい障害を残すもの」「関節の機能に障害を残すもの」のことであり、それぞれの具体的な症状は以下の通りとなります。

上肢の用を全廃したもの
上肢の3大関節である肩関節・肘関節・手関節のすべてが強直した状態。手のすべての指が強直した場合も、これに含まれます。強直とは関節が完全に動かなくなった状態、またはこれに近い状態のことです。

関節の用を廃したもの
「関節の用を廃したもの」に該当するのは、以下のような症状となります。「健側(けんそく)」とは障害や麻痺のない部位・側のことです。

  • 関節が強直したもの
  • 関節の完全弛緩性麻痺またはこれに近い状態にあるもの
  • 人工関節・工骨頭を挿入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの

関節の機能に著しい障害を残すもの
「関節の機能に著しい障害を残すもの」に該当するのは以下のような症状です。

  • 関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの
  • 人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されていないもの

関節の機能に障害を残すもの
関節の可動域が健側の可動域角度の3/4以下に制限されているものを指します。 

上肢機能障害と障害等級

上肢機能障害は、症状によって以下の後遺障害等級が用意されています。

後遺障害等級1級4号 両上肢の用を全廃したもの
後遺障害等級5級6号 1上肢の用を全廃したもの
後遺障害等級6級6号 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
後遺障害等級8級6号 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
後遺障害等級10級10号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
後遺障害等級12級6号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

上肢機能障害の後遺症慰謝料の目安

交通事故による上肢機能障害において、裁判所では以下の慰謝料を提示する傾向にあります。一例をご紹介しますので、参考にしてください。

  • 1級4号:2,800~3,000万円
  • 5級6号:1,400~1,500万円
  • 6級6号:1,180~1,200万
  • 8級6号: 820万円~830万
  • 10級10号:460~550万円
  • 12級6号:220~290万円 

上肢機能障害における過去の判例

職人の腕の重要性を説いて慰謝料が増額したケース
板前見習いとして働いていた男性が交通事故により手首を損傷し、後遺障害等級12級となったケース。

男性は住み込みで働いていたため逸失利益の計算方法が問題となり、保険会社は実収入の少なさから中卒平均賃金(430万円)以下での計算を要求。しかし、弁護士は板前という職業における手首の重要性を主張し、平均賃金530万円で計算すべきとしました。

結果として裁判所は中卒平均賃金での計算を認めましたが、就労可能期間42年分の休業損害を認定。障害等級12級の休業損害は10~12年ほどしか認められないのが一般的ですが、弁護士による「手首の損傷による仕事への影響」の立証が大きく認められた結果となりました。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ