交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 交通事故で起こり得る後遺症の種類 » 下肢機能障害

下肢機能障害

交通事故による下肢機能障害とはどのような症状かを詳しく解説しています。

下肢機能障害とは

下肢とは、股関節・膝関節・足関節(足首)の3大関節と足指の部分を指します。下肢機能障害とは、「下肢の用を全廃したもの」「関節の用を廃したもの」「関節の機能に著しい障害を残すもの」「関節の機能に障害を残すもの」のことであり、それぞれの詳しい症状は以下の通りになります。ちなみに、「健側(けんそく)」とは障害や麻痺のない部位・側のことです。

下肢の用を全廃したもの
下肢3大関節である股関節・膝関節・足関節のすべてが強直した状態。すべての足指が強直した場合もこれに含まれます。強直とは関節が完全に動かなくなった状態、またはこれに近い状態を指します。

関節の用を廃したもの
該当するのは、以下のような症状となります。

  • 関節が強直したもの
  • 関節の完全弛緩性麻痺またはこれに近い状態にあるもの
  • 人工関節・工骨頭を挿入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの
    関節の完全弛緩性麻痺またはこれに近い状態とは、関節の可動域が健側の10%程度以下になったものをいいます。

関節の機能に著しい障害を残すもの
該当するのは、以下のような症状となります。

  • 関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの
  • 人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されていないもの

関節の機能に障害を残すもの

関節の可動域が健側の可動域角度の3/4以下に制限されているものを指します。 

下肢機能障害と障害等級

下肢機能障害は「欠損障害・機能障害」「変形障害」「短縮障害」「醜状障害」に分けられ、症状によって以下の後遺障害等級が用意されています。

後遺障害等級
1級6号

両下肢の用を全廃したもの

後遺障害等級
5級7号
1下肢の用を全廃したもの
後遺障害等級
6級7号
1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
後遺障害等級
7級11号
両足の足指の全部の用を廃したもの
後遺障害等級
8級7号
1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
後遺障害等級
9級15号
1足の足指の全部の用を廃したもの
後遺障害等級
10級11号
1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
後遺障害等級
11級9号
1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
後遺障害等級
12級7号
1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
後遺障害等級
12級12号
1足の第1の足指または他の4の足指の用を廃したもの
後遺障害等級
13級10号
1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの、または第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
後遺障害等級
14級8号
1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの

下肢機能障害の後遺症慰謝料の目安

交通事故で下肢機能障害となった場合、裁判所では以下の金額を慰謝料として提示する傾向にあります。一例をご紹介しますので、参考にしてください。

  • 1級6号:2,800~3,000万円
  • 5級7号:1,400~1,500万円
  • 6級7号:1,180万円~1,200万円
  • 8級7号 :820万円~830万円
  • 10級11号:460~550万円
  • 12級7号:220~290万円 

下肢機能障害における過去の判例

全期間にわたる障害等級7級・および損害賠償5,300万円を獲得したケース
飲酒運転車両に衝突され、左大腿骨顆部開放性骨折・両膝の複合靭帯損傷などの障害を負った20代女性。

裁判では基礎収入と労働能力喪失率が争点となり、被告側は平均賃金より低い現状の収入を基礎に慰謝料を計算すべきと主張。さらに、右膝関節に装着している固定装具も将来的には慣れるものとし、はじめの5年を障害等級7級、それ以降を8級とするべきと原告側の請求額より3割減を求めてきました。

これに対し原告は、交通事故に遭わなければ平均賃金以上の収入を得られる状況にあったことや、現在も障害で再就職ができない状況にあることを説明。

今後も障害部分のリハビリ・トレーニングが必要であり、就労の機会を得ることは困難であることを主張。裁判所は原告の訴えを認め、全期間にわたる障害等級7級の認定と損害賠償額およそ5,300万円の支払いを命じました。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ