交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 交通事故で起こり得る後遺症の種類 » 低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)

交通事故で比較的多くみられる「低髄液圧症候群」の特徴や診断基準について解説しています。

交通事故による低髄液圧症候群とは

低髄液圧症候群の原因

低髄液圧症候群は、交通事故によって頭部に衝撃を受けることなどにより、脳の「髄液」を包む「硬膜」が破れて、中の髄液が外に漏れ出してしまう症状です。

むち打ちを原因として発生することもあります。

人間の脳は、普段は「髄液」という液体の中に浮いています。そしてその「髄液」を「硬膜」などの膜が覆い、中の液が漏れ出さないようになっていて、内外のバランスが保たれています。

しかし交通事故で頭部を損傷したり激しく揺さぶられたりすると、衝撃で硬膜が破れてしまうことがあります。すると中の髄液が外に漏れ出して、内外のバランスが崩れてさまざまな症状が発生します。それが低髄液圧症候群です。

低髄液圧症候群になると脳の中の髄液が減少するため「脳脊髄液減少症」とも呼ばれます。

低髄液圧症候群の症状

低髄液圧症候群では、以下のような症状が発生します。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 倦怠感・疲労感
  • 首の痛み
  • 視力障害・視野狭窄
  • 集中力・思考力の低下

特徴的なのは「起立時に症状が増幅する」ことです。また姿勢を変えると症状が増悪するケースも多いです。

低髄液圧症候群は追突事故などをきっかけに発症することが多くむち打ちと似た症状があるので、むち打ちと間違われるケースが多々あります。しかし実際にはむち打ちと低髄液圧症候群は別の症状です。むち打ちの治療方法をいくら実施しても、低髄液圧症候群は良くなりません。

交通事故後、「頸椎捻挫」などと診断されたとき、いつまでリハビリを続けても症状が改善しないなら、診断を疑ってみるべきケースがあります。特に起立時に頭痛が強くなるなどの症状が出ていたら、低髄液圧症候群をみてくれる専門病院を受診することをお勧めします。

現在、低髄液圧症候群に対しては「ブラッドパッチ」という治療方法が有効とされています。これは、硬膜に空いた穴を患者の血液で塞ぐ方法です。

低髄液圧症候群の治療は「脳神経外科」で行われているので、疑わしい症状がある場合には低髄液圧症候群に対応している脳神経外科を探して受診しましょう。なお、むちうちの治療を行っているのは「整形外科」なので、低髄液圧症候群とは診療科も異なります。

低髄液圧症候群で認定される後遺障害等級

低髄液圧症候群で認定される可能性のある後遺障害等級は以下の通りです。

  • 9級10号:神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの

低髄液圧症候群は、交通事故に発見されないことも多い症状です。本当は低髄液圧症候群なのに、事故後整形外科に行って「むち打ち症(頸椎捻挫)」と診断されて、むちうちの治療を受け続けている方もいます。長期間治癒しないので詳しい検査をしたところ低髄液圧症候群であることが判明することも少なくないのです。

このように、事故から相当な時間が経過してから症状が明らかになると、交通事故と低髄液圧症候群の因果関係を証明することが難しくなってしまいます。交通事故から時間が経ちすぎている上、事故当初からの継続的なMRIなどの検査資料やカルテ、診断書などが残っていないことが多いからです。

低髄液圧症候群で後遺障害認定を受けるには裁判する必要性が高い

自賠責保険は低髄液圧症候群の後遺障害認定に消極的であり、自賠責に低髄液圧症候群の後遺障害等級認定請求をしても、否定されてしまうケースが多いです。そのような場合、低髄液圧症候群で後遺障害認定を受けるには、「裁判」を通して後遺障害認定を求めることになります。

裁判をしたからといって必ず後遺障害が認められるとは限りません。後遺障害を認めてもらうためには、なるべく早い段階で脳神経外科の専門医で診断、検査を受けて、適切な治療を実施してもらうことが必要です。また、事故当初から「起立性頭痛」などの典型的な症状を訴え続けていることも重要です。

交通事故の裁判は非常に複雑で専門的な手続きなので、裁判で勝つためには、交通事故の後遺障害認定についての知識や経験が豊富な弁護士に対応してもらうことが重要です。

過去に低髄液圧症候群の事例を取り扱ったことのある弁護士に依頼することが望ましいでしょう。

低髄液圧症候群が疑われるのであれば、適切な病院にかかると共に、交通事故に強い弁護士に相談しましょう。

免責事項

このサイトは私的な見解によるものですので、具体的行動をされる際には必ず弁護士や専門家の方に相談をするようにしてください。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ