交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 交通事故で起こり得る後遺症の種類 » 高次脳機能障害

高次脳機能障害

交通事故による障害で起こりうる、高次脳機能障害の症状について詳しく解説しています。

高次脳機能障害とは

高次脳機能障害とは、交通事故や病気(脳卒中・脳炎など)によって脳が損傷され、脳が持つ知的活動に障害が起こるもの。具体的には、言語・思考・記憶・学習・注意といった認知過程や、行動や精神の異常などです。

高次脳機能障害の症状は損傷を受けた場所や重症度によって異なり、個人差の大きい後遺障害の1つです。また、交通事故に遭ってからすぐに症状が出るとは限らず、被害者本人も症状を自覚するのが難しいケースもあります。もし事故後に「おかしいな」と思うようなことがあれば、すぐに高次脳機能障害のチェックを行った方がよいでしょう。 

高次脳機能障害の主な症状

交通事故による高次脳機能障害の症状には、以下のようなものがあります。

記憶障害

事故以前に経験したことを思い出せなくなったり、新しい情報や出来事を覚えられなくなった状態。

  • 物を置いた場所が分からない
  • 今日の日付が分からない
  • 約束や予定を忘れる
  • 人名や作業の手順を覚えられない
  • 同じ質問を何度もしてしまう
注意障害

周囲からの刺激に対して必要なものに焦点をあてたり、大事なことに意識を集中させることが困難な状態。

  • 1つのことに長時間集中できない
  • ぼんやりしていてミスが多くなる
  • 1度に2つのことを同時にすると混乱する
  • 状況の判断をせずに行動をする
  • 片側にあるものだけを見落としてしまう
遂行機能障害

論理的に物事を考え、的確な計画・推察・行動ができなくなった状態。また、自分の行動を分析・評価することも困難です。

  • 自分で計画を立てて物事を行うことができない
  • 指示されないと何もできない
  • 行き当たりばったりの行動を取りやすい
  • 物事に優先順位をつけられない
  • 作業・仕事を効率よく進められない
社会的行動障害

シーンや状況に合わせて、行動や感情をコントロールできなくなった状態。自発的な活動が乏しくなったり、人とよい関係を築けなくなることもあります。

  • すぐに怒る・笑う・暴れるなど感情のコントロールができない
  • 行動や態度が子供っぽくなる
  • すぐ他人に頼ってしまう
  • ひとつのことや物に異常なこだわりを見せる
  • 自分から何もせずぼんやりしている
病識欠如

自分の障害を認識できず、健常者のような言動をとる状態。

  • 自分が障害を持っていることを認識できない
  • 物事がうまくいかないのは他人のせいだと思っている
  • リハビリ・治療などを拒否する
  • 困っていることは何もないと言い張る 

高次脳機能障害の等級

高次脳機能障害の後遺障害等級は、症状の重さ・程度によって以下のような等級が用意されています。

後遺障害等級
1級1号
神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
後遺障害等級
2級1号
神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
後遺障害等級
3級3号
神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
後遺障害等級
5級2号
神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
後遺障害等級
7級4号
神経系統の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
後遺障害等級
9級10号
神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ