交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 交通事故で起こり得る後遺症の種類 » 外貌醜状

外貌醜状

交通事故で頭・顔・首など人目に触れる部位に傷跡が残る、外貌醜状について詳しく解説しています。

交通事故における外貌醜状とは

外貌醜状(がいぼうしゅうじょう)とは、頭・顔面・首など普段から人目につく部位に醜状が残ること。醜状とは、線状の傷跡(線状痕)やあばた(瘢痕)などの傷跡を指します。手や足は外貌には含まれません。

このような症状が残った場合、男女ともに精神的なショックは非常に大きく、普段や将来の職業にも影響があると考えられます。そのため、精神的苦痛に対する後遺障害慰謝料・将来的に得られるはずだった利益(逸失利益)について損害賠償請求をしていく権利が被害者には認められています。 

外貌醜状と後遺障害等級

外貌醜状で認定される可能性のある後遺障害等級は以下の通りです。外貌醜状の等級は男女で異なっていましたが(女性の方が重い)、現在では男女の区別なく認定されています。

後遺障害等級7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの
  • 頭部に手のひらサイズ以上の傷跡が残ったり、頭蓋骨に欠損が残ったもの
  • 顔にニワトリのたまごサイズ以上の傷跡、または10円玉サイズの窪みが残ったもの
  • 首に手のひらサイズ以上の傷跡が残ったもの
  • 耳の軟骨部分が1/2以上欠損しまったもの
  • 鼻の軟骨部分のすべて、または大部分が欠損したもの
後遺障害等級9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの
  • 顔に5㎝以上の線状の傷がクッキリと確認できるレベルで残ったもの
後遺障害等級12級14号 外貌に醜状を残すもの
  • 頭部にニワトリのたまごより大きな傷跡が残ったもの。
  • 頭蓋骨にニワトリのたまごより大きな欠損が残ったもの。ただし、人工骨などで補完した場合は対象外
  • 顔に10円玉サイズ以上の傷跡、あるいは3㎝以上の線状の傷跡を残すもの
  • 首にニワトリのたまごより大きな傷跡が残ったもの
  • 耳殻の一部分が欠損したもの
  • 鼻軟骨の一部分が欠損したもの

もし女性が外貌醜状になってしまった場合

保険金はどれくらいおりるの?

2011年までは、外貌醜状について男女で後遺障害等級の違いがあり、女性が7級の場合には男性は12級とされていました。しかし2011年2月1日より男女の等級の違いがなくなりました。

外貌醜状は7級、9級、12級に該当され、それぞれの支払金額は以下です。

自賠責基準 任意基準 裁判所基準
7級 409万円 500万円 1,000万円
9級 245万円 300万円 690万円
12級 93万円 100万円 290万円

逸失利益について

逸失利益とは、交通事故で後遺症が残ってしまったことが原因で、仕事などに影響を及ぼし、収入が少なくなってしまった際の金額をいいます。

外貌醜状がその後消えないと判断された場合、逸失利益に該当しますので設定された金額を請求することができます。

逸失利益の金額は、その人が現在就いている職業や、年齢などによって大きく左右します。

例えば、芸能人やモデルなど外見が重要視される職業の場合、人前に出る仕事はできないと判断されれば、逸失利益の金額はかなり大きくなります。

営業職など人前に出る仕事も同様です。

逆に、工場勤務など人前に出ることはなく、外貌醜状であっても作業自体に問題なく、十分体を動かすことができると判断された場合には、逸失利益は請求できないとされることもあります。

また、幼稚園など未就学児の頃に交通事故で外貌醜状が残った場合は、その後の将来を考えて逸失利益はかなり大きな金額になります。

外貌醜状はかなり金額が大きくなりますので、任意保険会社では支払いを拒否するところも多く、請求を認めさせることが困難なケースもあるようです。

また計算方法も職業などに応じて変わってくるので、かなり難しい請求だといえます。

その後の整形手術も負担してもらえる?

外貌醜状の痕が残ってしまうと判断された場合、傷を治すために整形手術を受けたいと考える人もいるでしょう。

そして、その時の手術費用を加害者に請求できるかが知りたいという人も多いと思います。

外貌醜状を消すための手術費用については、一般的には請求することができるケースが多いとされていますが、加害者の保険会社によっては治療費の支払いを拒むことも少なくないようです。

外貌醜状が治るか治らないかという点は、すぐに判断することができないので、手術を受けるのは交通事故からかなり時間が経っているので、そのときの外貌醜状の状態によっても手術費用の請求可否についての結果は変わってきます。

また、手術をしても必ず治るとは限らず、手術費用を受け取ってさらに逸失利益を受けることができるのかという点もさまざまな事例がありますので、ケースバイケースだといえるでしょう。

後遺症が残ってしまった場合

外貌醜状が改善せず、ずっと残ってしまうと判断された場合は、後遺障害等級の認定を得ることができます。

これは、ほかの後遺症同様、被害者請求を行ってから自賠責保険会社に申請をすれば、外貌醜状の大きさや症状によって等級を認定し、保険金の支払いを受けることが可能です。

ただし、外貌醜状を治すために整形手術を受け、外貌醜状が改善された場合には後遺障害等級の認定から外れてしまいます。

手術費用の請求ができるのか、また手術を行った場合は必ず痕が消えるのか、また手術費用と後遺障害等級認定で支払われる金額のどちらが大きいのかなどによって、何を選ぶのかを検討するとよいと思います。

外貌醜状の痕が小さく後遺障害等級認定を受けられなかった人で、手術費用を請求し、外貌醜状の痕が消えて結果オーライだったという人もいますので、その後の対応について選択に悩む人は、弁護士に相談してみるのもひとつの方法です。

外貌醜状が残ってしまった場合の損害賠償額の目安

外貌醜状に該当する傷跡が残った場合、被害者は精神的苦痛に対する後遺障害慰謝料や、将来的に得られるはずだった利益(逸失利益)を損害賠償請求できます。裁判所では以下の金額を慰謝料として設定する傾向にあります。一例をご紹介しますので、参考にしてください。

  • 7級12号:1,000万円
  • 9級16号:600~690万円
  • 12級14号:200~290万円

ただし、外貌醜状における逸失利益は傷跡の程度・症状固定時の年齢・職業などを総合的に見て判断しているため、明確な基準があるとは言えません。また、肉体的な機能が損なわれたワケではないこともあり、逸失利益が認められるかどうかは非常に難しい問題と言えます。

外貌醜状における過去の判例

 将来の夢が閉ざされた女性に対する損害賠償・逸失利益の獲得

交通事故により、顔面醜状(12級)・下顎骨折に伴う左顎痛(12級)・7歯欠損(12級、併合11級)の損害を負った20代女性。この外貌醜状により、営業職として接客や対人関係等で就労への悪影響が出てしまいました。

このケースは、弁護士によるサポートにより21年間20%の労働能力損失が認められました。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ