交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 交通事故の被害を保障してくれる保険の種類 » 自動車賠償責任保険

自動車賠償責任保険

すべての自動車・バイクに加入が義務付けられている自賠責保険の特徴と、交通事故における補償範囲・慰謝料請求の方法などを解説しています。

自動車賠償責任保険とは

自動車賠償責任保険とは、いわゆる自賠責保険の正式名称。「自動車損害賠償保障法」によりすべての自動車・バイクに加入が義務付けられており、交通事故発生の際に最低限の慰謝料を補償してくれるものです。

自賠責保険の対象は「人身事故」のみで、自動車・バイク・建物等の「物損事故」は対象外。

自賠責保険に加入せず自動車・バイクを運転すると、行政罰・刑事罰の対象となります。加入していても、運転の際に自賠責保険証明書を携帯(250㏄以下のバイクは自賠責保険のステッカーをナンバープレートに貼付する)していないと罰則の対象となるため、くれぐれもご注意ください。 

自賠責保険の補償範囲

自賠責保険の補償範囲は以下の通り。被害者に対して迅速かつ公平に慰謝料を支払えるよう、支払基準と限度額が設けられています。

補償範囲:支払限度額(被害者1名あたり)
  • 傷害による損害(ケガ):最高120万円
  • 常時介護が必要な後遺障害(第1級)のとき:最高4,000万円
  • それ以外の後遺障害:75~3,000万円
  • 死亡による損害:3,000万円

自賠責保険の請求方法

自賠責保険の請求方法には、「加害者請求」と「被害者請求」の2つがあります。

加害者請求

加害者請求とは、加害者が被害者に対して支払った損害賠償金を自賠責保険会社に請求すること。すでに損害賠償金を支払っていることが前提となっており、支払いを証明する資料の提出が必要です。

加害者請求には時効があるため、被害者に損害賠償金を支払った翌日から2年の間に請求しなければなりません。これを過ぎると保険金を受け取れなくなるのでご注意ください。

被害者請求

被害者請求とは、加害者から損害賠償金を受け取れないなどの場合、被害者が加害者側の自賠責保険会社に直接請求を行うこと。損害賠償金を受け取れないケースには、「加害者に支払い能力がない」「過失を認めず手続きをしてくれない」「誠意がない」、などが挙げられます。被害者請求も加害者請求と同じく時効があり、その期間は2年です。

  • 被害者がケガをした場合は、その翌日より2年
  • 被害者が死亡した場合は、その翌日より2年
  • 後遺障害が残った場合は、症状固定日の翌日より2年

症状固定とは、このまま治療を続けてもこれ以上の回復・改善の見込みがないと判断されることです。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ