交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 交通事故の被害を保障してくれる保険の種類 » 健康保険

健康保険

交通事故によるケガの治療に健康保険を使うメリットや、健康保険から給付される項目についてまとめました。

健康保険を利用して交通事故の治療を受けるメリット

健康保険とは、病気・ケガなどの出費に対する自己負担を軽減するための制度。日本ではすべての国民が何かしらの健康保険に加入することが義務付けられています。会社員であれば社会保険に入りますし、船員が加入する船員保険や公務員の加入する公務員共済などもあります。どこの団体や組織にも属していない自営業者や無職の人は、市町村の国民健康保険に加入します。

健康保険は交通事故によるケガ・病気の治療にも適用されます。交通事故の被害者の中には「先に自分で治療費を立替払いしても、後に加害者側に治療費を請求できるのだから、健康保険を使用しなくてもいいのでは?」と考える方もおられますが、必ずしも加害者に全額の治療費を請求できるとは限らないので、要注意です。

たとえば被害者側にも過失がある場合、過失相殺されますので、治療費についても,過失割合部分は自己負担になります。

もっとも、自賠責保険に関しては、重過失が無い限り、過失分の減額がされません。

このあたりは、過失割合や見込まれる治療費の額等によっても異なってくるところで、各種制度についての適切な理解がないと判断が困難ですので、交通事故に詳しい弁護士等に相談するのがよいかと思います。

健康保険の給付内容(交通事故に関係するもの)

交通事故における、健康保険の主な給付は以下のとおりです。

療養の給付

療養の給付とは、被保険者が病気・ケガをした際に保険医療機関で必要な医療・処方を受けられること。保険医療機関に健康保険証を提示することで、以下のような給付を受けられます。

  • 診察
  • 薬剤・治療材料の支給
  • 処置・手術などの治療
  • 病院・診療所への入院および看護
  • 居宅における療養上の管理および看護

傷病手当金

傷病手当金とは、被保険者が病気・ケガの療養で労働できなかった場合に支給されるお金です。休業4日目を起算点とし、1日あたり標準報酬日額の2/3相当の手当てが支払われます。支給期間の限度は1年6ヵ月。

療養費

療養費とは、やむを得ない理由で、保険診療を受けられず自費で診療した場合に支給されるお金です。

以下のようなケースで支給されます。

  • 健康保険の資格取得手続きが間に合わず、自費診療を受けた場合
  • 医師の指示により特殊な治療用装具を装着した場合(コルセットなど)
  • 海外でケガ・病気になり、現地で治療を受けた場合
  • 急なアクシデントにより保険医療機関以外で治療を受けた場合
  • 柔道整復または鍼灸師による施術を受けた場合
  • 生血液の輸血を受けた場合

埋葬費

被保険者が死亡した際に支払われるもの。被保険者によって生計を維持されていた人が埋葬を行う際に支給されます。

移送費

移送費とは、治療など療養の給付を受けるための移動に使われた費用に対して支払われるもの。基本的に、医師の指示によって移送した場合に適用されます。

「交通事故診療に健康保険は使えない」は誤り

一般に「交通事故によるケガは、健康保険で治療を受けられない」と思っている方も多いです。しかし交通事故でも健康保険を使った治療は可能です。厚労省からも「交通事故診療に健康保険を使用できる」という内容の通達が出されているので、知っておいて下さい(1968年10月12日保険発第106号)。

交通事故による治療で健康保険を使用する際には、加入している保険組合や自治体などに「第三者行為の届出」をすることが必要となります。健康保険を利用したいときには、健康保険組合や自治体に報告して、速やかに必要書類を提出しましょう。

健康保険のメリット・デメリットを考える必要

以上のように健康保険にはメリットがありますが、他方で健康保険が適用される治療しか受けられないというデメリットもあります。

たとえば難しい症状で、自由診療でないと適切な治療を受けられないケースや,自由診療の方が効果的な治療を受けられて回復が早いと考えられるケースもあります。健康保険を使うか自由診療にするかの選択権は被保険者にあるので、医師と相談して慎重に決定しましょう。

以上が交通事故と健康保険の関係です。事故に遭ったときには上手に保険診療と自由診療を使い分けましょう。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ