交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 交通事故解決に必要な弁護士費用とは » 弁護士費用の相場

弁護士費用の相場

交通事故に関する問題を弁護士に相談・依頼した場合にかかる費用と、その相場についてまとめました。

交通事故における弁護士費用の種類と相場

「弁護士に交通事故問題を相談したい」「解決を依頼したい」と思ったとき、どうしても気になるのが費用のことではないでしょうか。そんな方のために、交通事故における弁護士費用の種類とその相場をまとめてみました。ちなみに、実費以外には消費税がかかるのでご注意を。

相談料:30分5,000円程度

弁護士に正式な依頼をする前に、交通事故問題について相談する際に必要な費用です。相談料はおおむね30分5,000円となっていますが、弁護士によっては交通事故相談を無料で受け付けている場合もあります。

初回だけでなく2回目以降も相談料無料としている弁護士・事務所もあるので、上手に利用するとよいでしょう。

着手金:10~20万円程度

着手金とは、弁護士に正式な依頼をしたときにかかる費用で、弁護士が事件や問題に着手するための活動費と言ってよいでしょう。一般的には10~20万円程度と言われますが、事件の難易度や補償金の額で変わります。

また、問題の解決や経済的利益が得られたかどうかに関わらず、返金されないお金であることも覚えておきましょう。また、なかには着手金0円で依頼を引き受けてくれる弁護士もいます。

報酬金:経済的利益による

報酬金とは、弁護士に依頼した事件・問題が終了した時点で支払う費用。報酬金に相場はなく、示談金や裁判への勝訴などで得られた経済的利益によって金額が変化します。

交通事故問題の場合、経済的利益の10~20%程度が報酬金として支払われるようです。たとえば、保険会社から提示された示談金が200万円だったものが裁判によって500万円に増額できた場合、経済的利益は300万円となり、その10~20%、つまり30~60万円が報酬として支払われています。

実費

実費とは、弁護士が問題解決を進めるうえで実際にかかった諸費用。以下のような項目が実費として計上されます。どれくらいかかるのかを知るのが難しいため、あらかじめ弁護士に聞いておくと安心です。

  • 事件処理の際に利用した交通費
  • 郵便物や物品の送料(封筒・切手・配送料など)
  • 調停・裁判の際に納める印紙や切手の料金
  • 代金を振り込む際の手数料
  • 各種書面のコピー料金……など
日当

交通事故現場の調査や裁判など、弁護士が事務所を離れて対応した場合に支払う費用。所要時間によって費用は変わってきますが、1時間1万円ほどが目安。

成功報酬と同時に請求されることが多いようですが、中には報酬の支払い時とは別に、日当の請求を行う弁護士もいるようです。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ