交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料 » 弁護士に依頼すると慰謝料が高くなる理由

弁護士に依頼すると慰謝料が高くなる理由

交通事故による慰謝料算出の基準には3つあり、もっとも高額になるのが弁護士基準。この弁護士基準で慰謝料請求をする方法や、弁護士に交渉を依頼するメリットについてまとめています。

交通事故における慰謝料算出の3つの基準とは

交通事故による慰謝料の算出に関しては、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準(裁判基準)」という3つの基準があります。金額の大きさは

自賠責保険基準<任意保険基準<弁護士基準(裁判基準)
となっており、どの基準で査定されるかによって額が大きく異なります。それぞれの基準の特徴は以下の通りとなっています。

自賠責保険基準

自賠責保険基準とは、自動車損害賠償責任保険が定めた慰謝料算定の基準。自賠責保険はすべての自動車・バイクに加入が義務付けられた強制保険であり、交通事故発生の際に最低限の補償をしてくれるもの。

そのため、算出基準はもっとも低く設定されています。人身事故のみを対象としているため、物損事故は対象外となります。

任意保険基準

それぞれの保険会社が独自に設定しているのが任意保険基準です。自賠責保険で不足しがちな部分をフォローするために加入するものですが、加入は強制ではありません。

慰謝料額は自賠責保険基準と弁護士基準の中間あたりと言われていますが、会社によってかなり差があります。場合によっては自賠責基準と同等の金額で交渉してくることもあるので、不安があるときは弁護士をはじめとする専門家に相談するとよいでしょう。

弁護士基準(裁判基準)

弁護士基準とは、交通事故問題における過去の裁判例をもとに算出するもの。弁護士が保険会社との交渉を行う際に使用する基準であり、3つの基準の中でもっとも慰謝料が高額となります。

具体的な基準は、民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準(通称:赤い本)や交通事故損害額算定基準(通称:青本)にまとめられており、この2つの本は実際の裁判でも重視されるほど信頼性の高いものとなっています。 

納得のいく慰謝料請求のためには弁護士への依頼がマスト

保険会社への慰謝料請求は個人でもできますが、相手は示談交渉のプロである保険会社の担当者です。経験豊富なプロを相手に一般人が弁護士基準を持ち出すのは非常に難しく、交渉は困難を極めるでしょう。

適切な金額の慰謝料を請求したいと思うなら、やはり法律のプロである弁護士に依頼するのが得策。弁護士に依頼をすればその後の交渉はあなたに代わってすべて代行してくれますし、過去の裁判で認められた判例を参考にするため説得力があります。その結果、提示された慰謝料よりも金額アップできる可能性が高まります。

また、専門家である弁護士に依頼することで被害者は精神的な負担・苦痛から解放され、治療に専念できるようになるのも大きなメリット。また、個人では見落としがちな損害賠償項目をしっかり請求できるようにもなります。

もし、保険会社から提示された慰謝料が適切かどうか分からない場合は、弁護士基準でどの程度増額する見込みがあるのか相談してみるとよいでしょう。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ