交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料

弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料

交通事故問題を自力で解決するのが難しいケースで、弁護士に依頼したらどのくらい増額されるのかまとめました。

弁護士に依頼したら慰謝料が増えた?!

交通事故によってケガをした場合、被害者はその精神的苦痛に対する慰謝料を請求できます。しかし、慰謝料の算出基準には自賠責保険基準任意保険基準弁護士基準(裁判基準)という3つの基準があり、どの基準を用いるかで慰謝料の額が大きく変わってくるのです。

この3つの基準のうち、もっとも金額が低いのは「自賠責保険基準」。これは、自賠責保険がすべての自動車・バイクに加入が義務付けられた強制保険であり、交通事故発生の際に最低限の補償をしてくれるものだからです。

次に任意保険基準。こちらは各保険会社が独自に定めている慰謝料の算出基準です。慰謝料額は自賠責保険基準と弁護士基準の中間あたりと言われていますが、会社によってかなり差があります。場合によっては、自賠責基準と同等の金額で交渉してくることもあるので注意が必要です。

最後に弁護士基準。交通事故問題における過去の裁判例をもとに算出するもので、3つの基準の中でもっとも慰謝料が高くなるものです。保険会社に都合のよい金額ではなく、被害者の精神的苦痛に見合った「適切な慰謝料」を請求できます。

以下に、保険会社が提示した慰謝料と、弁護士に依頼して最終的に支払われた慰謝料をご紹介します。その差に注目してみてください。 

ケース1:腰や膝等の骨折

  • 任意保険基準による慰謝料例:約1200万円
  • 弁護士基準による慰謝料例:約2000万円

ケース2:むちうち

  • 任意保険基準による慰謝料例:約200万円
  • 弁護士基準による慰謝料例:約320万円 

入院や通院が長引いたり、認定される後遺障害等級が高くなればなるほど、請求できる慰謝料額も多くなります。保険会社から提示される金額を見て「こんなものかな」などと妥協せず、まずは一度弁護士に相談してみるとよいでしょう。あなたの障害や精神的苦痛に対する適切な慰謝料を教えてくれるはずです。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ