交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表 » 障害等級8級

障害等級8級

交通事故によって認定される後遺障害等級8級について詳しく解説します。

後遺障害等級8級の内容とは?

交通事故による後遺障害等級8級は、障害が残った部位によって1~10号に分類されています。後遺障害等級8級は手足の障害に関する項目が多く、労働能力損失率は45%とされています。

後遺障害等級
8級1号
1眼が失明し、または一眼の視力が0.02以下となったもの
片目が失明するか、もしくは片目の視力が0.02以下になった場合が後遺障害等級8級1号です。この場合の視力は裸眼ではなく、眼鏡やコンタクトによる矯正視力。
後遺障害等級
8級2号
脊柱に運動障害を残すもの
交通事故によって首や背中の骨が変形し、運動能力に障害が残る状態。認定される基準は以下の通りになります。
  • 首や背中の骨を動かせる可動域が1/2以下になったもの
  • 頭蓋骨から首の骨、さらに背骨にかけて著しい異常可動性が見られるもの
後遺障害等級
8級3号
1手の親指を含み、2本の指を失ったもの、または親指以外の3本の指を失ったもの
片手の親指を含めた2本の指を失った状態、もしくは親指以外の3本の指を失った状態が後遺障害等級8級3号です。
後遺障害等級
8級4号
1手の親指を含み、3本指の用を廃したもの、または親指以外の4本の指の用を廃したもの
片手の親指を含めた3本の指が動かなくなった状態、もしくは親指以外の4本の指が動かなくなった状態です。感覚神経伝達速度検査を行い、麻痺などの状態をチェックして認定されます。
後遺障害等級
8級5号
1下肢を5cm以上短縮したもの
交通事故により、片足の長さが5㎝以上短縮してしまった状態が8級5号となります。このような短縮障害は足のみに認められており、腕には認められていません。
後遺障害等級
8級6号
1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
上肢の3大関節である肩関節・肘関節・手関節。このうちの1つの関節機能が失われた場合、あるいは神経障害などで自分では動かせなくなってしまった状態が8級6号となります。
後遺障害等級
8級7号
1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
下肢の3大関節である股関節・膝関節・足関節。このうちの1つの関節機能が失われた場合、あるいは神経障害などで自分では動かせなくなってしまった状態が8級7号となります。
後遺障害等級
8級8号
1上肢に偽関節を残すもの
片方の腕に偽関節が残り、運動障害が見られる状態。保護具をつければ動作に支障がないレベルの場合は、後遺障害等級8級8号となります。偽関節とは、骨折した部分で骨が正常にくっつかず、その部分があたかも関節のように動くようになってしまった状態です。
後遺障害等級
8級9号
1下肢に偽関節を残すもの
片方の足に偽関節が残り、運動障害が見られる状態。8級8号と同様、保護具をつければ動作に支障がないレベルの場合に認定されます。
後遺障害等級
8級10号
1足の足指の全部を失ったもの
片方の足のすべての指を付け根から失ってしまった場合、8級10号となります。
正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ