交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表 » 障害等級7級

障害等級7級

交通事故などによって認定される後遺障害等級7級の詳細ついてまとめています。

後遺障害等級7級の内容とは?

後遺障害等級7級は、障害が残った部位によって1~13号に分類されています。後遺障害等級7級の労働能力損失率は56%となっています。

後遺障害等級
7級1号
1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下となったもの
交通事故によって片方の目が失明し、残った目の視力が0.6以下になった場合が後遺障害等級7級1号。この場合の視力は裸眼ではなく、眼鏡やコンタクトによる矯正視力となります。
後遺障害等級
7級2号
両耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの
両耳の聴力が低下し、40㎝以上離れた距離から普通の声で話しかけられても意味が理解できないような症状であれば、後遺障害等級7級2号となります。認定の際には単純な音を聞き取れるか(純音)、言葉を聞き分け意味を理解できるか(明瞭度)の検査を行い、以下の条件を満たしているかどうかをチェックします。
  • 両耳の平均純音聴力レベルが70dB以上
  • 両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上かつ最高明瞭度が50%以下
後遺障害等級
7級3号
1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの
片方の耳の聴力が完全に失われ、もう一方の耳の聴力も低下してしまったケースが7級3号。検査による基準は以下の通り。
  • 1メートル以上離れた距離では普通の話し声が理解できない
  • 平均純音聴力レベルが90dB以上
後遺障害等級
7級4号
神経系統の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することが出来ないもの
交通事故によって脳や神経に障害が残り、軽易な労務以外できなくなってしまった状態です。具体的な症状名は、高次脳機能障害・外傷性てんかん・反射性交感神経ジストロフィーなど。これらによって作業ミスが多い・手順を覚えることができないなどの症状が現れ、一般人と同等の作業を行えないケースが後遺障害等級7級4号となります。
後遺障害等級
7級5号
胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することが出来ないもの
胸部腹部の臓器に障害が残り、軽易な労務以外できなくなってしまった状態が7級5号です。
後遺障害等級
7級6号
1手の親指を含み3の手指を失ったもの、または親指以外の4の手指を失ったもの
片手の親指を含めた3本の指を失った状態、もしくは親指を除いた4本の指すべてを失った状態が7級6号。障害を負った手が利き手であるかどうかは認定に関与しません。
後遺障害等級
7級7号
1手の5の手指、または親指を含み、4の手指の用を廃したもの
片手のすべての指、あるいは親指を含む4本の指が麻痺などによって動かなくなった状態が7級7号に該当します。7級6号と同様に、利き手であるかどうかは認定に関与しません。
後遺障害等級
7級8号
1足をリスフラン関節以上で失ったもの
リスフラン関節とは、足の甲のほぼ中央にある関節。後遺障害等級7級8号は、片方の足をリスフラン関節以上で失った場合に認定されます。つまり、足首からリスフラン関節の間で切断されてしまったケースです。
後遺障害等級
7級9号
1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
偽関節とは、骨折した部分で骨が正常にくっつかず、その部分があたかも関節のように動くようになってしまった状態。
後遺障害等級
7級10号
1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
大腿骨の骨幹部、脛骨の骨幹部、または、脛骨・腓骨の骨幹部に癒合不全を残し、常に硬性補装具を必要とする場合、7級10号に認定されます。
後遺障害等級
7級11号
両足の足指の全部の用を廃したもの
両足の指の機能が失われた場合、7級11号に認定されます。具体的な症状は以下の通りです。
  • 両足の親指の末節骨(第1関節)の長さの1/2以上を失ったもの
  • 両足の親指以外の4本の指すべてが、末節骨から中節骨(第2関節)の間で失われたもの、または、両足のすべての指の可動域が健側の1/2以下に制限されるもの
後遺障害等級
7級12号
外貌(がいぼう)に著しい醜状を残すもの
交通事故により、外貌に醜い傷跡を残したケースが後遺障害等級7級12号。外貌とは頭・顔・首といった部位で、具体的な内容は以下の通りです。
  • 頭部に手のひらサイズ以上の傷跡が残ったり、頭蓋骨に欠損が残ったもの
  • 顔にニワトリのたまごサイズ以上の傷跡、または10円玉サイズの窪みが残ったもの
  • 首に手のひらサイズ以上の傷跡が残ったもの
  • 耳の軟骨部分が1/2以上欠損しまったもの
  • 鼻の軟骨部分のすべて、または大部分が欠損したもの
後遺障害等級
7級13号
両側の睾丸を失ったもの
交通事故により、両方の睾丸をなくしてしまった場合は7級13号となります。定義には「睾丸を失ったもの」と記載されていますが男女ともに適用され、女性は卵巣がこれに該当します。具体的な内容は以下の通り。
  • 両側の睾丸を失ったもの
  • 両側の卵巣を失ったもの
  • 常態として精液が形成されなくなったもの
  • 常態として卵子が形成されなくなったもの

 

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ