交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表 » 障害等級5級

障害等級5級

交通事故によって認定される後遺障害等級5級について詳しく解説します。

後遺障害等級5級の内容とは?

交通事故による後遺障害等級5級は、障害が残った部位によって1~8号に分類されています。後遺障害等級5級の労働能力損失率は79%、健常者に比べると労働力はおよそ1/4となります。

後遺障害等級
5級1号
1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
交通事故により片方の目が失明、残った方の目の視力が0.1以下となった場合に認定されるのが後遺障害5級1号。この場合の視力は裸眼ではなく、眼鏡やコンタクトによる矯正視力となります。
後遺障害等級
5級2号
神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することが出来ない
ケガや衝撃によって脳・神経に障害が残り、簡単な労務以外できなくなってしまった状態が後遺障害5級2号です。「簡単な労務」の具体的な内容は提示されていませんが、可能な仕事はかなり限られてくるため、元の職場に復帰するのは困難と言えます。
後遺障害等級
5級3号
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することが出来ないもの
胸腹部臓器に障害を残し、簡単な労務以外できなくなってしまったケースが該当。
後遺障害等級
5級4号
1上肢を手関節以上で失ったもの
片方の腕が、肘関節から手関節(手首)の間で失われたケースが該当。
後遺障害等級
5級5号
1下肢を足関節以上で失ったもの
片方の足を、膝関節から足関節(足首)の間で失われたケースが該当。
後遺障害等級
5級6号
1上肢の用を全廃したもの
片腕がまったく動かない(麻痺)、上肢の3大関節である肩関節・肘関節・手関節の可動域が10%以下に低下(強直)した場合で、かつ、手指の全部の用を廃したものが含まれます。
後遺障害等級
5級7号
1下肢の用を全廃したもの
両足の指をすべて失ったケースが該当。足指を付け根からすべて失ったものです。
後遺障害等級
5級8号
両足の足指の全部を失ったもの
リスフラン関節とは、足の甲のほぼ中央にある関節。後遺障害5級8号は、両足の指をリスフラン関節以上ですべて失った場合に認定されます。親指は第一関節より先、それ以外の指は第二関節以上が該当します。
正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ