交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表 » 障害等級4級

障害等級4級

交通事故によって認定される後遺障害等級4級について詳しく解説します。

後遺障害等級4級の内容とは?

交通事故による後遺障害等級4級は、障害が残った部位によって1~7号に分類されています。後遺障害等級4級の労働能力損失率は92%、ほぼ100%に近く事故前と同様に働くのは困難であるとされています。

後遺障害等級
4級1号
両眼の視力が0.06以下となったもの
交通事故によって両方の目の矯正視力が0.06以下になってしまった場合、認定されるのが後遺障害4級1号です。後遺障害等級2級2号の基準が 「両眼の視力が0.02以下」となっているので、0.06以下から0.02を超える数値が該当します。あくまでも事故のダメージで視力が低下した場合となり、もともと視力が悪かった場合は適用されません。
後遺障害等級
4級2号
咀嚼および言語の機能に著しい障害を残すもの
咀嚼機能と言語機能に障害が残り、日常生活に不便を強いられた場合は4級2号です。咀嚼機能は、おかゆや柔らかく調理した肉・魚などであれば食べられる状態。言語機能は、口唇音・歯舌音・口蓋音・咽頭音のうち2つ以上が発音できなくなったケース、または、綴音(ていおん・てつおん/2つ以上の単語を組み合わせてできた音)機能に障害が残り、言葉だけで意思疎通が図れない状態になったものがこれに該当します。
後遺障害等級
4級3号
両耳の聴力を全く失ったもの
両耳の聴力が完全に失われた場合は、後遺障害4級3号が認定されます。認定の際には単純な音を聞き取れるか(純音)、言葉を聞き分け意味を理解できるか(明瞭度)の検査を行い、以下の条件を満たしているかどうかをチェックします。
  • 両耳の平均純音聴力レベルが90dB以上のもの、または
  • 両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上であり、かつ、最高明瞭度が30%以下のもの
後遺障害等級
4級4号
1上肢をひじ関節以上で失ったもの
交通事故により、片方の腕が肩と肘の間で失われたケース。自賠責基準では、失われた腕が利き腕かどうかは等級の認定に関与しません。
後遺障害等級
4級5号
1下肢をひざ関節以上で失ったもの
片方の足が、股関節の付け根から膝関節の上までの間で失われたケース。
後遺障害等級
4級6号
両手の手指の全部の用を廃したもの
両手の指の神経にダメージを負うなどですべての指が動かなくなったケースが後遺障害4級6号。親指であれば第一関節より根元・ほかの指であれば第二関節より根元の可動域が1/2以下となった場合が該当します。
後遺障害等級
4級7号
両足をリスフラン関節以上で失ったもの
リスフラン関節とは、足の甲のほぼ中央にある関節。つまり、この関節より上の部分が両足で失われた場合が後遺障害4級7号となります。片足のみの場合は7級8号です。
正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ