交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表 » 障害等級2級

障害等級2級

交通事故による後遺障害2級について解説します。

後遺障害第2級の内容とは?

交通事故の後遺障害で2級と認定される条件と症状についてまとめました。後遺障害第2級は1級よりも等級は下がりますが、労働力損失率は100%。交通事故に遭う前に就労していた仕事に復帰するのはほぼ不可能であるとされています。

後遺障害等級2級(随時介護を要するもの)

後遺障害等級2級で随時介護を要するものは以下の2つに分類されています。

後遺障害等級
2級1号

神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
障害の内容は1級とほぼ同じですが、1級は「常に介護が必要なもの」であり、2級は「随時介護を必要とするもの」となっています。自発呼吸や本人の意識は ありますが、判断能力の低下、人格変化等が著しく、食事や入浴などは多少できるが介助が必要な状態です。また、1人で外出することは困難であり、危険が伴うので付き添いが必要な状態もこれに該当します。

後遺障害等級
2級2号
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
こちらも障害の内容は1級とほぼ同じですが、1級よりも症状が軽い場合に認定されます。胸腹部臓器とは、心臓・肺・肝臓・腎臓・胃・腸・脾臓・すい臓・膀胱などを指します。

後遺障害等級2級

要介護ではない後遺障害等級2級は、残った障害によって1~4号に分類されています。

後遺障害等級
2級1号
1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
片方の目が失明し、失明していない方の視力が0.02以下になった場合に認定。この場合の視力とは裸眼ではなく、矯正視力となります。失明については、眼球亡失(眼球を失う)や視神経の障害など理由は問われません。
後遺障害等級
2級2号
両眼の視力が0.02以下になったもの
交通事故により、両方の目の視力が0.02以下になった場合。こちらも裸眼ではなく、眼鏡やコンタクトによる矯正視力となります。条件としては、両目とも0.02以下であること。片方の視力が0.02以上ある場合は、等級が下がります。
後遺障害等級
2級3号
両上肢を手関節以上で失ったもの
両上肢(両方の腕)が、肘関節と腕関節までの間で切断された場合は2級3号。交通事故により、肘から下の部分が失われたケースです。
後遺障害等級
2級4号
両下肢を足関節以上で失ったもの
両下肢(両方の足)が、膝関節と足関節の間で切断された場合は2級4号。これは、膝よりも下の部分が失われたケースです。

 

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ