交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表 » 障害等級14級(最も軽度な障害)

障害等級14級(最も軽度な障害)

交通事故によって認定される後遺障害等級14級について解説しています。

後遺障害等級14級の内容とは?

交通事故による後遺障害等級14級は、障害が残った部位によって1~9号に分類されています。労働能力損失率は5%なっており、後遺障害のレベルとしては最も軽度なものと判断されます。

後遺障害等級
14級1号
1眼のまぶたの一部に欠損を残しまたは、まつげはげを残すもの
片目のまぶたを普通に閉じた際、一応黒目は隠れるものの白目の一部が露出してしまう状態です。また、まぶたの障害の有無に関わらず、まつ毛の半分以上を失った場合も14級1号となります。
後遺障害等級
14級2号

3歯以上に対して歯科補綴を加えたもの
交通事故によって3歯以上の歯を失ったり、著しい損傷を受けて歯科補綴を施した場合に認定されます。歯科補綴とは、義歯・クラウン・ブリッジ・インプラントなどを用いて欠損歯を補う治療のことです。

後遺障害等級
14級3号
1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することが出来ない程度になったもの
片耳の聴力が低下し、1m以上の距離で小声の話し声が聞き取れないレベル。検査の基準としては、平均純音聴力レベルが40dB以上70dB未満となっています。また、平均純音聴力レベルが40dB未満であっても、難聴に伴い常時耳鳴りがある場合は14級相当と認定されます。
後遺障害等級
14級4号
上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
腕の肩から手の先までのどこかの部分に、手のひら大の傷跡が残ると14級4号。「手のひらの大きさ」とは、被害者自身の指を含まない手のひらと同面積だとされています。
後遺障害等級
14級5号
下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
足の付け根からつま先までのどこかの部分に、手のひら大の傷跡が残ると14級5号。また、胸腹部または背臀部の全面積の1/4以上の範囲に傷跡が残ったケースも、後遺障害等級14級として認定されます。
後遺障害等級
14級6号
1手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
親指以外の手指の骨が一部分欠けてしまったり、骨がくっつかずに遊離骨折してしまったケースが後遺障害等級14級6号。
後遺障害等級
14級7号
1手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することが出来なくなったもの
片手の親指以外の手指の第一関節を、曲げたり伸ばしたりできなくなった場合が14級7号。
後遺障害等級
14級8号
1足の第3の足指以下の1、または2の足指の用を廃したもの
足指の中指・薬指・小指の3本のうち、1本もしくは2本の指の用を廃した場合が14級8号。「用を廃した」とは、具体的に以下のような状態を指します。
  • 第一関節以上を失ってしまったもの。
  • 足指の可動域が1/2以下となったもの。
後遺障害等級
14級9号
局部に神経症状を残すもの
いわゆる「むち打ち症」のこと。レントゲンやCTなどの検査で医学的な証明はできないものの、神経症状を医学的に説明できれば14級9号に認定されます。
正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ