交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表 » 障害等級13級

障害等級13級

交通事故によって認定される後遺障害等級13級について詳しく解説しています。

後遺障害等級13級の内容とは?

交通事故による後遺障害等級13級は、障害が残った部位によって1~11号に分類されています。後遺障害等級13級の労働能力損失率は9%となっており、後遺障害のレベルとしてはかなり軽度と判断されます。

後遺障害等級
13級1号
1眼の視力が0.6以下になったもの
交通事故により、片目の視力が0.6以下になってしまったケースが13級1号。この場合の視力は裸眼ではなく、眼鏡やコンタクトによる矯正視力となっています。
後遺障害等級
13級2号
正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
正面以外の方向を見た際に、「複視」の症状が残る場合に認定されるのが13級2号。複視とは物が二重に見える状態であり、頭痛やめまいなどの症状を併発することもあります。ちなみに、正面を見ても複視の症状が出る場合は10級2号となります。
後遺障害等級
13級3号
1眼に半盲症、視野狭窄、または視野変状を残すもの
事故による視神経へのダメージで、片方の目に半盲症・視野狭窄・視野変状の症状が残ってしまったケース。視力自体は失われていませんが、視野の半分または一部分が欠けて見えなくなったり、視野が狭くなったりする症状です。
後遺障害等級
13級4号
両眼のまぶたの一部に欠損を残し、または、まつげはげを残すもの
両目のまぶたを普通に閉じたとき、黒目は隠れるが白目の一部が露出してしまうケースが13級4号です。また、まぶたの障害の有無にかかわらず、まつ毛の半分以上を失った場合も13級4号となります。
後遺障害等級
13級5号
5歯以上に歯科補綴を加えたもの
交通事故によって5本以上の歯を失ったり、著しい損傷を受けて歯科補綴を施した場合に認定されます。歯科補綴とは、義歯・クラウン・ブリッジ・インプラントなどを用いて欠損歯を補う治療のことです。失った歯については、前歯・奥歯といった区別はありません。
後遺障害等級
13級6号
1手の小指の用を廃したもの
片手の小指の用を廃した場合に認定されるのが後遺障害等級13級6号。「用を廃した」とは、具体的に以下のような状態を指します。利き手かどうかによる区別はありません。
  • 小指の第一関節(末節骨)より先を欠損し、長さが1/2となったもの。
  • 小指の根元、あるいは第二関節の可動域が1/2以下となったもの。
  • 小指の感覚を完全に失ってしまったもの
後遺障害等級
13級7号
1手の親指の指骨の一部を失ったもの
片手の親指の骨の一部が欠けてしまったり、骨がくっつかずに遊離骨折してしまったケースが後遺障害等級13級7号です。
後遺障害等級
13級8号
1下肢を1cm以上短縮したもの
交通事故によるダメージで、片足の長さが1cm以上3cm未満短縮してしまった場合、13級8号に認定されます。
後遺障害等級
13級9号
1足の第3の足指以下の1、または2の足指を失ったもの
片方の足の中指・薬指・小指のうち、1本もしくは2本の指を失った状態。詳しくは、第一関節から根元の間で失われたケースとなります。
後遺障害等級
13級10号
1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの、または、第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
後遺障害等級13級10号は、以下の症状のいずれかに該当すれば認定されます。
  • 片足の人差し指が第一関節と根元の間で失われたもの
  • 片足の人差し指に加え、中指・薬指・小指のうち1本が第一関節と根元の間で失われたもの。または可動域が1/2となったもの
  • 片足の中指・薬指・小指の3本が、第一関節と根元の間で失われたもの。または可動域が1/2となったもの
後遺障害等級
13級11号
胸腹部臓器の機能に障害を残すもの
胸腹部の内臓に以下のような障害が残った場合、13級11号となります。
  • 胃の全部、あるいは一部分を切除したもの
  • 胆のうを失ったもの
  • 脾臓を失ったもの
  • 腎臓を失うか、腎機能を著しく失ったもの
  • 生殖器のうち、片方の睾丸・卵巣を失ったもの
正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ