交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表 » 障害等級12級

障害等級12級

交通事故によって認定される後遺障害等級12級の内容や、認定の条件について解説しています。

後遺障害等級12級の内容とは?

後遺障害等級12級は、障害が残った部位によって1~14号まで細かく分類されています。後遺障害等級12級の労働能力損失率は14%となっています。

後遺障害等級
12級1号
1眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの
交通事故によるケガ・ダメージが原因で、片目の眼球に調節機能障害・運動障害を残したケースが12級1号。視力の低下は認定の条件とはなりません。具体的には、以下のような症状が該当します。
  • 遠くや近くを見て目のピントを合わせる機能が1/2以下となった場合
  • 頭部を固定した状態から、目の動きのみで物を見ることができる範囲(注視野)が1/2以下となった場合
後遺障害等級
12級2号
1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
神経障害などの理由で、片目のまぶたを開ける・閉じる・瞬くなどの機能がコントロールできなくなった状態。具体的な病名としては、Horner症候群・眼瞼外傷・動眼神経麻痺・外転神経麻痺などが該当します。
後遺障害等級
12級3号
7歯以上に歯科補綴を加えたもの
交通事故によって7本以上の歯を失ったり、著しい損傷を受けて歯科補綴を施した場合に12級3号が認定されます。歯科補綴とは、義歯・クラウン・ブリッ ジ・インプラントなどを用いて欠損歯を補う治療のこと。治療後、事故前と同様に食物が噛めるようになっても認定の対象となります。
後遺障害等級
12級4号
1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
12級4号は、交通事故によって耳殻(じかく)を半分以上失った状態。耳殻とは、一般的に「耳」と呼ばれている部分のことです。
後遺障害等級
12級5号

鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨、または骨盤骨に著しい変形を残すもの
交通事故によるダメージで骨(鎖骨・肋骨・胸骨・肩甲骨・骨盤骨)が変形し、裸になったときにそれが分かるケースが12級5号。日常生活を普通に送れる状態でも、骨の変形が見て分かれば認定されます。

後遺障害等級
12級6号
1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
肩関節・肘関節・手関節のうち、1つの関節に障害が残り、可動域が健側の3/4以下になったものが12級6号です。
  • 関節の動く範囲が3/4以下になってしまったもの。ただし、手のひらを上や下に向ける運動に限っては、動く範囲が1/2以下になった場合
  • 関節がすぐに脱臼してしまうもの(習慣性脱臼)
  • 関節の治癒が不完全で動揺関節が生じ、ときどき補装具を必要とするもの
後遺障害等級
12級7号
1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
股関節・膝関節・足関節のうち、1つの関節に障害が残り、可動域が健側の3/4以下になったものが12級7号です。
  • 関節の動く範囲が3/4以下になってしまったもの
  • 関節の治癒が不完全で動揺関節が生じ、ときどき補装具を必要とするもの
  • 動揺関節があるものの通常の仕事に支障はなく、負担の大きい重労働の場合のみ補装具を必要とするもの
後遺障害等級
12級8号
長管骨に変形を残すもの
交通事故により、腕や足を構成する長管骨に変形が残ったケース。日常生活に支障のない状態でも、外部から見てわかるような変形が見られれば認定されます。
後遺障害等級
12級9号
1手の小指を失ったもの
片手の小指を失った場合に認定されるのが12級9号。小指を失うと物を握るという動作に支障が出るため、職種によっては仕事の内容を限定されることもあります。
後遺障害等級
12級10号
1手の人差し指・中指、または薬指の用を廃したもの
片手の人差し指か中指、または薬指の用を廃したケースが12級10号です。「用を廃した」とは、具体的に以下のような状態を指します。
  • 末節骨の長さが1/2以下となったもの
  • 第二関節より先の可動域が1/2以下となったもの
  • 指先の触覚・痛覚・温度覚がなくなったもの
後遺障害等級
12級11号
1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの、または第3の足指以下の3の足指を失ったもの
後遺障害等級12級11号は、以下の症状のいずれかに該当すれば認定されます。
  • 片足の人差し指を失ったもの
  • 片足の人差し指と、親指以外の指を1本失ったもの
  • 片足の中指・薬指・小指の3本を失ったもの
後遺障害等級
12級12号
1足の第1の足指、または他の4の足指の用を廃したもの
片足の親指、もしくは親指以外の4本すべての足指が用を廃した状態。「用を廃した」とは、具体的に以下のような状態を指します。
  • 親指の第一関節(末節骨)の長さが1/2以下となったもの
  • 親指以外の足指が、根元から第一関節の間で切断されたもの
  • 親指は第一関節、それ以外の指は根元から第二関節にかけての可動域が1/2以下となったもの
後遺障害等級
12級13号
局部に頑固な神経症状を残すもの
いわゆるむち打ち症のこと。レントゲン・CT・MRIなどの検査では神経根の圧迫所見、神経学的検査で異常所見が認められるものとなります。
後遺障害等級
12級14号

外貌(がいぼう)に醜状を残すもの
外貌とは、手足以外で普段から露出している頭・顔・首といった部位。これらに大きな傷跡が残ったケースが12級14号です。具体的な症状は以下の通り。

  • 頭部にニワトリのたまごより大きな傷跡が残ったもの。
  • 頭蓋骨にニワトリのたまごより大きな欠損が残ったもの。ただし、人工骨などで補完した場合は対象外です。
  • 顔に10円玉サイズ以上の傷跡、あるいは3㎝以上の線状の傷跡を残すもの。
  • 首にニワトリのたまごより大きな傷跡が残ったもの
  • 耳殻の一部分が欠損したもの
  • 鼻軟骨の一部分が欠損したもの
また、後遺障害等級12級では普段から露出していない身体の部位についても基準が設けられています。
  • 両方の腕や足に手のひらの3倍以上の傷跡が残ったもの
  • 胸・腹・背中・臀部などの全面積の1/2以上の範囲に傷跡が残ったもの
正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ