交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表 » 障害等級11級

障害等級11級

交通事故によって認定される後遺障害等級11級についてまとめました。

後遺障害等級11級の内容とは?

交通事故による後遺障害等級11級は、障害が残った部位によって1~10号に分類されています。後遺障害等級11級の労働能力損失率は20%となっています。

後遺障害等級
11級1号
両眼の眼球に著しい調節機能障害、または運動障害を残すもの
交通事故によるケガ・ダメージが原因で、両目の眼球に調節機能障害・運動障害を残したケースが後遺障害等級11級1号。具体的には、以下のような症状が該当します。
  • 遠くや近くを見て目のピントを合わせる機能が1/2以下となった場合
  • 頭部を固定した状態から、目の動きのみで物を見ることができる範囲(注視野)が1/2以下となった場合
後遺障害等級
11級2号
両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
神経障害などの理由で、両目のまぶたを開ける・閉じる・瞬くなどの機能がコントロールできなくなった状態。具体的な病名としては、Horner症候群・眼瞼外傷・動眼神経麻痺・外転神経麻痺などが該当します。
後遺障害等級
11級3号
1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
片目のまぶたの全部、もしくは大部分に欠損が生じてしまい、まぶたを閉じたときに角膜を完全に覆えなくなった状態。両目にこの症状があるときは9級4号となりますが、片目の場合は11級3号となります。
後遺障害等級
11級4号
10歯以上に歯科補綴を加えたもの
交通事故によって10本以上の歯を失ったり、著しい損傷を受けて歯科補綴を施した場合に11級4号が認定されます。歯科補綴とは、義歯・クラウン・ブリッジ・インプラントなどを用いて欠損歯を補う治療です。
後遺障害等級
11級5号
両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することが出来ない程度になったもの
両耳の聴力が、1m以上離れた距離から小声の話し声を聞き取れなくなった状態。単純な音(純音)を聞き取れるかの検査において、平均純音聴力レベルが40dB以上で11級5号に認定されます。
後遺障害等級
11級6号
1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの
片耳の聴力が、40㎝以上離れた距離から普通の話し声を聞き取れなくなった状態。平均純音聴力レベルが70dB以上80dB未満、または平均純音聴力レベルが50dB以上、かつ最高明瞭度が50%以下の場合に認定されます。
後遺障害等級
11級7号
脊柱に変形を残すもの
交通事故によって脊柱に変形を残した場合に認定されるのが後遺障害等級11級7号。神経障害・運動障害は認められないものの変形が残ったもので、具体的には以下の通り。
  • レントゲン・CTなどによる検査で脊柱が縦方向に変形していることが確認できるもの
  • 脊髄固定術が行われたもの
  • 3個以上の脊椎に椎弓切除術等の椎弓・拡大形成術が施されているもの
後遺障害等級
11級8号

1手の人差し指・中指、または薬指を失ったもの
 片手の人差し指・中指・薬指のうち、1本を失ったケースが11級8号。定義にある「指を失ったもの」とは、第二関節以上が失われた場合となります。

後遺障害等級
11級9号
1足の第1の足指を含み、2以上の足指の用を廃したもの
片足の親指を含めた2本以上の指の用を廃した場合に認定されるのが11級9号。「用を廃する」とは、具体的に以下のような状態を指します。
  • 親指では末節骨の1/2以上、他の指では第一関節以上を失った場合 または
  • 親指では第一関節か第二関節、他の指では第二関節か第三関節の可動域が健側の1/2以下になった場合
後遺障害等級
11級10号
胸腹部臓器に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
健常者と同じ仕事には就けるものの、胸腹部の内臓に障害が残り仕事の内容が相当に制限されてしまうケース。胸腹部の内臓とは、肺・心臓・胃腸・肝臓・腎臓・泌尿器・生殖器など多岐にわたります。
正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ