交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表 » 障害等級10級

障害等級10級

交通事故によって認定される後遺障害等級10級について解説します。

後遺障害等級10級の内容とは?

後遺障害等級10級は、障害が残った部位によって1~11号に分類されています。後遺障害等級10級の労働能力損失率は27%です。

後遺障害等級
10級1号
1眼の視力が0.1以下になったもの
事故によって、片目の視力が0.1以下にまで下がった場合に認定されるのが10級1号。裸眼ではなく、眼鏡やコンタクトによる矯正視力となっています。
後遺障害等級
10級2号
正面を見た場合に複視の症状を残すもの
「複視」とは、正面を見たときに物が二重に見える状態。事故によるダメージでこの複視となってしまった場合は10級2号です。複視が残ると生活に支障が出るだけでなく、頭痛・めまいなどの症状に悩まされることもあります。
後遺障害等級
10級3号
咀嚼または言語の機能に障害を残すもの
比較的後遺症が軽く、咀嚼機能と言語機能のいずれかに障害が残った場合は10級3号です。咀嚼機能はたくあん・ピーナツといった歯ごたえのあるものが食べられない状態。言語機能は、口唇音・歯舌音・口蓋音・咽頭音のうち1種類の発音ができない状態となります。
後遺障害等級
10級4号
14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
交通事故によって14本以上の歯を失ったり、著しい損傷を受けて歯科補綴を施した場合に認定されます。歯科補綴とは、義歯・クラウン・ブリッジ・インプラントなどを用いて欠損歯を補う治療のことです。認定されるのは永久歯のみ、親知らずや乳歯は対象外です。
後遺障害等級
10級5号
両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
両耳の聴力が、1m以上離れた距離から普通の話し声を聞き取れない状態。認定の際には単純な音を聞き取れるか(純音)、言葉を聞き分け意味を理解できるか(明瞭度)の検査を行い、以下の条件を満たしているかどうかをチェックします。
  • 両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上のもの または
  • 両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上で最高明瞭度70%以下のもの
後遺障害等級
10級6号
1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することが出来ない程度になったもの
片耳の聴力が、触れるほど接近しなければ大声も聞き取れない状態。検査基準は、片耳の平均純音聴力レベルが80dB以上90dB未満となっています。
後遺障害等級
10級7号
1手の親指または親指以外の2の手指の用を廃したもの

片手の親指、もしくは親指以外の2本の指の機能を失った状態。手の指の「用を廃する」とは、次のような状態を指します。

  • 第一関節(末節骨)の長さが1/2以上失われたもの
  • 指の根元か第二関節(親指の場合は第一関節)の可動域が1/2となったもの
  • 親指を立てる・手のひらにつけるといった動作をするとき、いずれかの可動域が1/2となったもの
  • 神経麻痺の影響で指の感覚がなくなったり、触覚・温度感覚・痛覚が失われたもの
後遺障害等級
10級8号
1下肢を3cm以上短縮したもの
片足の長さが3cm以上、5cm未満で短くなった状態が10級8号。ちなみに、5㎝以上短縮した場合は8級5号となります。
後遺障害等級
10級9号
1足の第1の足指、または他の4の足指を失ったもの
片足の親指、または親指以外のすべての指を失った状態。
後遺障害等級
10級10号
1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
上肢の3大関節である肩関節・肘関節・手関節のうちの1つに障害が残り、健側の1/2以下になった状態が10級10号です。
後遺障害等級
10級11号
1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
下肢の3大関節である股関節・膝関節・足関節のうちの1つに障害が残り、健側の1/2以下になった状態が10級11号です。
正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ