交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表

後遺障害の等級早見表

交通事故で認められる後遺障害の「等級」について説明しています。

どの程度の症状で後遺障害認定がされるのか

後遺障害とは、治療を継続しても交通事故によって受けたダメージが回復する見込みがなく、日常生活・仕事などに支障が出ている状態をいいます。後遺障害が残ると、基本的に完治しないので一生障害が残ります。

ちなみに「後遺症」とは、ケガをした後の急性期症状が過ぎてもなお残る身体、精神の症状や傷痕全般を指します。「後遺障害」と同じような意味合いで使われていますが、損害賠償請求の対象となるのは「後遺症」の中でも一定条件のもとで認定された「後遺障害」であることを覚えておきましょう。

後遺障害に対する損害賠償には、精神的苦痛に対する「後遺障害慰謝料」・労働能力低下による将来的な収入を失った損害に対する「逸失利益」があります。後遺障害はその程度に応じて「等級」が定められており、認定された等級に応じて損害賠償金が算出されます。後遺障害等級が何級になるかで損害賠償の金額が大きく異なるため、後遺障害の「等級」は被害者にとって非常に重要な意味を持ちます。

後遺障害等級はどうやって認定される?

後遺障害には以下の要件を満たす場合に該当します。

  • 障害が交通事故によって生じたものである
  • 医学的に見て、治療を継続しても改善する見込みがない(症状固定)
  • 後遺障害の存在が医学的に認められている
  • 労働能力の損失・低下を伴うものである
  • その程度が自動車損害賠償保障法施行令の等級に該当するもの

以下で、それぞれの要件について確認していきましょう。

障害が交通事故によって生じたものである

後遺障害認定を受けるには、その障害が交通事故によって生じたものであることが必要です。ただし、医師の診断書に「この障害は交通事故によるものである」と記されただけでは、後遺障害とは認定されません。

交通事故以前からある症状ではないか・交通事故の直後から発生していた症状か・事故の状況から見て発生する蓋然性のある症状かなど、自賠責保険の調査ではさまざまな角度から症状をチェックします。

医学的に見て治療を継続しても改善する見込みがない(症状固定)

十分な治療を行ったがこれ以上治療を継続しても改善する見込みがないことを、医学的に証明する必要があります。このように治療効果が上がらなくなった状態を「症状固定」と言います。

治癒する見込みがある症状は、後遺障害とは認められないのです。たとえば、気候によってけ傷が痛む・たまに気になる程度の軽い症状などは時間の経過によって治癒するとみなされ、後遺障害とは認定されにくいです。

後遺障害の存在が医学的に認められている

手足の切断や外貌醜状などは後遺障害が見た目で明らかになっていますが、見た目で分からない機能障害・神経症状などは、他覚的所見によって後遺障害が認定されます。自賠責の後遺障害認定では、レントゲンやCT、MRIなどの画像の提出が求められます。これらの画像は100%客観的であり、嘘をつかないからです。

ただし画像で確認できない後遺障害も存在します。そう言った場合は、筋電図などの電気生理学的検査・反射テストや知覚テストなどの神経学的テストなどの結果が等級認定に有効となります。たとえばむちうちでMRIなどの画像を撮影しても他覚所見が認められない場合には、神経学的検査の結果や、治療期間、通院状況、症状の経過などを総合的にみて後遺障害14級の認定を受けられる可能性があります。

労働能力の損失・低下を伴うものである

後遺障害として認定されるには、その後遺障害によって労働能力が低下・喪失している必要があります。

実際に障害が仕事に支障をおよぼしているかどうかは、後遺障害診断書だけで判断されるものではありません。各種の検査結果、脊髄損傷の場合には「脊髄症状判定用」、脳損傷の場合には「神経系統の障害に関する医学的意見」、「日常生活状況報告書」など、さまざまな書面や資料で総合的に判断されます。事故直後からの経過診断書なども治療内容や症状の推移がわかるため重要です。

ただし外貌や上下肢の醜状痕など一定の後遺障害の場合には、はっきり労働能力が失われていなくても後遺障害認定されます。

参考までに後遺障害等級ごとの自賠責保険金の限度額と後遺障害慰謝料の基準金額は、以下の通りです。

保険金額 後遺障害慰謝料(弁護士基準)
別表一 1級 4000万円 2800万円
2級 3000万円 2370万円
別表二  1級 3000万円 2800万円
2級 2590万円 2370万円
3級 2219万円 1990万円
4級 1889万円 1670万円
5級 1574万円 1400万円
6級 1296万円 1180万円
7級 1051万円 1000万円
8級 819万円 830万円
9級 616万円 690万円
10級 461万円 550万円
11級 331万円 420万円
12級 224万円 290万円
13級 139万円 180万円
14級 75万円 110万円

別表一の後遺障害は要介護の後遺障害(介護を必要とする後遺障害)、別表二の後遺障害はその他の後遺障害です。ただし別表二の後遺障害であっても実際に介護を要する状態であれば、介護費用が認められるケースはあります。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ