交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 後遺障害の等級早見表

後遺障害の等級早見表

各等級に認定された後遺障害を等級ごとに一覧にまとめています。

どの程度の症状で後遺障害認定が下りるのか

後遺障害とは、交通事故によって受けたダメージが治療を続けても回復する見込みがなく、日常生活・仕事などに支障が出た状態をいいます。

ちなみに「後遺症」とは、ケガをした後の急性期症状が過ぎてもなお残る機能障害・傷痕などのこと。後遺障害と同じような意味合いで使われていますが、損害賠償請求の対象となるのは一定条件のもとで認定された「後遺障害」であることを覚えておきましょう。

後遺障害に対する損害賠償には、精神的苦痛に対する「後遺障害慰謝料」・労働による将来的な利益を失った損害に対する「逸失利益」などがあります。後遺障害はその程度に応じて等級が用意されており、認定された等級に応じて損害賠償金が算出されます。後遺障害等級が何級になるかで損害賠償の金額が大きく異なるため、この認定は非常に重要な意味を持ちます。 

後遺障害等級はどうやって認定される?

後遺障害とみなされるのは、以下のような条件に該当する場合を指します。

  • 障害が交通事故によって受けたものである
  • 医学的に見て治療を継続しても改善する見込みがない(症状固定)
  • 後遺障害の存在が医学的に証明されている
  • 労働能力の損失・低下を伴うものである
  • その程度が自動車損害賠償法施工令の等級に該当するもの
障害が交通事故によって受けたものである

医師の診断書に「この障害は交通事故によるものである」と記されただけでは、後遺障害とは認定されません。

交通事故以前からある症状かどうか・交通事故の直後に発生していた症状か・事故の発生状況から見て妥当な症状かなど、自賠責保険の調査ではさまざまな角度から症状をチェックします。

医学的に見て治療を継続しても改善する見込みがない(症状固定)

十分な治療を行ったがこれ以上継続しても改善する見込みがない(症状固定)ことを、医学的に証明する必要があります。

治癒する見込みがある症状は、後遺障害とは認められないのです。たとえば、季節によって少しだけ傷が痛む・たまに気になる程度の障害などは時間の経過によって治癒するとみなされるため、後遺障害とは認定されにくいです。

後遺障害の存在が医学的に証明されている

手足の切断・外貌醜状などは後遺障害が見た目で明らかになっていますが、見た目で分からない機能障害・神経症状などは、他覚的所見によって後遺障害の存在を証明する必要があります。

他覚的所見にはレントゲン・MRI・CTなどの画像所見が該当しますが、画像で確認できない後遺障害も存在します。そう言った場合は、筋電図・電気生理学的検査・神経学的テストなどの結果が等級認定に有効となります。

労働能力の損失・低下を伴うものである

後遺障害が仕事に支障をおよぼすかどうかは、後遺障害診断書だけで判断されるものではありません。

交通事故証明・事故発生状況報告書・経過診断書などを細かくチェックし、この障害は仕事に支障が出るものかどうかを総合的に判断するのです。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類
サイト監修
弁護士法人 心
交通事故問題を解決するためにさまざまなサポート対応をしてくれます。
公式ホームページはこちら

ページの最初へ