交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 正しく対応するための交通事故基礎知識 » 損害賠償について

損害賠償について

交通事故で被害者が請求できる賠償金にはどのようなものがあるのか、具体的な例を挙げて分かりやすく解説しています。

交通事故における損害賠償とは

交通事故でいう損賠賠償は、物的損害と人身損害に分類されます。それぞれの補償範囲は以下の通り。

物的損害

交通事故によって受けた被害が自動車やバイク、自転車などの物であった場合を物的損害と呼びます。賠償金を請求できる項目には、修理費用や代車使用料、休車損、評価損などがあります。

「修理費用」は事故によって破損した自動車などの代金であり、加害者が大部分を負担するのが一般的。自動車の修理中に使用する代車の使用料や、もともと乗っていた車を使用できなくなったことによる損失(休車損)、事故によって車の価値が下がる「評価損」などの請求はケースバイケースです。

どこまで請求できるかは事案によっても異なってきますので、迷った場合には、交通事故に詳しい弁護士に相談してみるのがよいでしょう。

人身損害

交通事故によって人が死傷した場合、人身損害と呼ばれます。賠償金を請求できる項目は、治療費や入院費、通院のための交通費、休業損害、逸失利益、慰謝料など。被害者が死亡してしまった場合には、葬儀費や死亡逸失利益も項目に挙げられます。

「休業損害」とは、事故による治療で仕事を休んだ場合の減収分を補うもの、「逸失利益」とは後遺障害により失った将来的な収入分に充てられます。

「慰謝料」とは事故による精神的苦痛に対する損害賠償です。事故によるダメージは時間が経ってから現れることもありますし、後遺障害となる場合もあります。早めに示談を成立させるとその後の治療費・慰謝料などを請求できなくなるので、慎重な交渉が必要です。

損害賠償の対象となるのは?

交通事故が発生した場合、加害者に損害賠償請求ができるのは基本的に「被害者本人」のみ。ここでいう被害者とは、交通事故によってさまざまな損害を直接被った人のこと。物損事故であれば破損した自動車・バイク・自転車の所有者、人身事故であれば体に治療・入院が必要なケガを負った人を指します。

死亡事故の場合は被害者が亡くなっているため、本人による損害賠償請求はできません。しかし、死亡した被害者が有していた損害賠償請求権は被害者の配偶者・子供などが相続します。その後は、被害者に代わって相続人による損害賠償請求が行われます。

損害賠償額を決める基準とは

交通事故の損害賠償額を決めるためには、いくつかの基準があります。その基準を簡単に紹介します。

自賠責保険の基準
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は自動車・バイクの所有者が必ず加入しなければならない強制保険です。交通事故の被害者に対し、最低限度の補償をしてくれます。被ったすべての損害において補償を受けられるワケではありませんが、加害者の支払い能力に関わらず一定の補償を受けられます。

任意保険会社の基準
その名の通り、任意保険会社が算出する支払い基準です。この基準は保険会社が独自に設定しているため、保険会社ごとに異なります。算出される損害賠償額は自賠責基準よりも高くなることが一般的です。

弁護士(裁判)基準
弁護士基準は裁判において利用されている支払い基準で、裁判基準とも呼ばれます。民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(通称:赤い本)という書籍に掲載されている基準で、交通事故による過去の判例を基準としています。損害賠償額がもっとも高額になる可能性を持つのはこの弁護士基準です。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ