交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 正しく対応するための交通事故基礎知識 » 弁護士への相談

弁護士への相談

交通事故問題を適切かつスムーズに解決するために重要な、弁護士の探し方と相談方法を解説しています。

交通事故問題で悩んだら弁護士へ相談

交通事故問題をひとりでうまく解決できない・示談交渉がこじれた・不満や疑問があるなどの場合は、ひとりで無理をせず法律のプロである弁護士へ相談しましょう。

交通事故問題の知識があり、心身共に余裕があるなら個人でも解決は可能です。しかし、事故に遭って肉体的・精神的なストレスを感じている中で、被害者がさまざまな交渉・手続きをひとりで担うのはなかなか難しいものです。

弁護士は専門的な知識と経験を持ち、被害者のためになる的確なアドバイスをしてくれる存在。当然、交渉事や各種手続きにも精通しているため、被害者にとっては非常に心強い存在です。

また、保険会社から提示された示談金(損害賠償額)が適正かどうかも分かりますし、万が一低すぎる場合はきちんとした判断材料を持って保険会社と交渉してくれます。

多くの弁護士事務所では、交通事故問題をはじめとする法律相談を受け付けています。依頼する・しないに関わらず相談は可能なので、交通事故に遭ったらまず一度弁護士に話をしてみると良いと思います。 

交通事故問題に精通した弁護士の探し方

交通事故問題に精通した弁護士を探すのに、もっとも手っ取り早いのはインターネットで検索する方法。「自分の住む地域+交通事故+弁護士」といったワードを組み合わせて検索すれば、交通事故で、あなたのケースと類似した案件をいくつも手掛けた弁護士がピックアップされます。

ネット環境がない・使用できないなどの場合は、日本弁護士連合会(日弁連)や日本司法支援センター(法テラス)、地元の弁護士会などに電話で連絡し、交通事故問題に強い弁護士を紹介してもらうとよいでしょう。これらの団体からは紹介料や斡旋料は請求されませんので、安心して利用してください。

また、自分が加入している任意保険に「弁護士費用特約」が付帯している場合は、保険の限度額まで弁護士費用を保険会社が補填してくれます(多くの場合、1つの事故で300万円まで)。保険会社から弁護士を紹介してもらえることもあるので、特約がついている方はぜひ利用しましょう。

なお、どのケースでも紹介された弁護士に必ず依頼しなければならないという決まりはありません。直接話をしてみて、ご自分が考える「解決」の方向へ向けて一緒に進んでくれると感じられる弁護士さんに頼むことが、問題解決の第一歩です。

弁護士を頼むタイミングは?

交通事故問題において、多くの人は以下のようなタイミングで弁護士に相談をしているようです。

交通事故発生直後
交通事故が発生してすぐに弁護士へ連絡・相談することで、連絡を受けた弁護士は事故の状況をリアルタイムで把握できます。さらに、その時点で最適な対応やその後の対応方法などを、的確にアドバイスしてもらえます。

しかし、親戚や知人が弁護士であればすぐに相談するのも比較的たやすいですが、事故直後に弁護士を探して相談・依頼をするのは難しいケースも多々あります。たとえば重傷を負って入院し、自分で弁護士を探せないこともあるでしょう。

このような場合はムリをせず、一度状況が落ち着いてから弁護士探しをするのが賢明です。

示談交渉中
保険会社の担当者は示談交渉のプロ。話を進めるうちに被害者にとって不利な状況となったり、早々に話をまとめられてしまったりというケースも少なくありません。

こんなときは示談交渉がこじれる前に弁護士へ相談・依頼をし、代理人として交渉を進めてもらいましょう。

調停や訴訟に問題が発展

保険会社が提示する示談書の内容に納得ができず、法廷で争うことになったら弁護士のサポートが必須です。保険会社は顧問弁護士をつけてくるのに対し、被害者が自分一人で訴訟をすると、明らかに不利になってしまうからです。

できれば、示談の話合いをしている最中に「なんとなく雲行きが怪しいな……」と感じた時点で弁護士に相談しておくと良いでしょう。

先に弁護士に状況を説明してアドバイスを受けておけば、いざ訴訟が起こったときにすぐ本依頼ができますし、弁護士の信頼性や専門性をあらかじめチェックしておくこともできます。

知っておきたい東京の交通事故に強い弁護士を選ぶときのポイント4つ

東京は弁護士の数が非常に多い地域です。ネットで「交通事故 東京 弁護士」というキーワードで検索してみても、膨大な件数の結果が出てきます。

これではどの弁護士に依頼するべきなのか、判断がつかないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、いくつかのポイントを押さえておくと、自分に合った弁護士を選べる確率が高くなります。そんな弁護士選びのコツをご紹介します。

1.行きやすい場所にある弁護士事務所を選ぶ

弁護士を選ぶときにまず大切なポイントは、弁護士事務所のある場所です。 弁護士に依頼をする場合、基本的には顔を合わせて面談をする必要があります。

交通事故の相手と交渉を進めるなかで、打ち合わせをしなければいけない場合も出てきます。電話やメールの連絡だけでは、弁護士との信頼関係を築くのにも限界があります。

家や仕事場から近い、交通の便がよいといった、行きやすい場所に事務所を構える弁護士を選ぶようにしましょう。打ち合わせの必要があった場合の時間節約にもなります。

2.ホームページで得意分野をチェックする

今はほとんどの弁護士がホームページを開設し、得意分野をアピールしています。依頼する前には必ずホームページを見てみましょう。

得意分野として「交通事故」を挙げていることは大前提です。さらに、過去に取り扱った事例が掲載されていて、その中に自分のケースと似た事例があれば安心して任せやすいです。これまでの交通事故事件の解決実績数なども参考にすると良いでしょう。

ホームページを見るときに注意しておきたいのは、挙げられている得意分野があまりにも多い場合です。複数の弁護士を抱える大きな事務所ならばともかく、閲覧数を稼ぐために数多くの分野を挙げているだけというケースもあります。

どの弁護士にも得意分野があるものです。得意であるということは「この分野に関しては、法律の改正や過去の判例などが頭に入っている」ということ。すべての分野でそれができるスーパー弁護士など存在しないと考えておきましょう。

交通事故を任せるのであれば、マルチに活躍できる弁護士よりも、交通事故に特化した経験と知識をもつ弁護士のほうが頼りになります。

3.効率重視なら大型事務所、信頼性重視なら個人事務所を選ぶ

全国展開しているような大手の事務所か、地元に密着した小さな事務所かで迷う方も多いです。これについては、どういう形でのトラブル解決を希望するかによって、選ぶ弁護士のタイプも変わってきます。 複数の弁護士が在籍している大型事務所は、それだけ取り扱う事例の数も多くなります。弁護士がたくさんいるので「忙しいから」と言われて断られる可能性は低く、どのようなケースでも受け入れてもらいやすいでしょう。

ただし、1人1人の弁護士がどこまで交通事故に精通しているのかはわかりません。 良い弁護士とそうでもない弁護士が混ざっているのが通常です。また大型事務所は、ある程度の件数を機械的にこなしていかないと、事務所を維持できません。そのため一つの案件にかける時間はどうしても短くなります。じっくり話を聞いてほしいといった依頼人の希望には答えられないことも。

個人としての信頼を育み、親身になって対応してもらいたいのであれば、個人事務所を選んだほうがよいでしょう。

4.Facebookやブログを見て、気が合いそうな弁護士を選ぶ

最近は、Facebookやブログをしている弁護士も多くなりました。その記事を見て、気が合いそうな弁護士を選ぶというのも一つの方法です。トラブルをスムーズに解決するためには、依頼人と弁護士の間の信頼関係が欠かせませんが、弁護士も人間ですから、どうしても依頼人とウマが合わないということもあり得ます。 Facebookやブログを見て、事前に弁護士の人間性を知っておくことで、そういったミスマッチを防げる可能性が高くなります。

また、依頼する際には弁護士本人と顔を合わせることになりますが、そのときの印象も大切です。直感でも良いので「この人になら任せてもよい」と感じられる弁護士でなければ、トラブルが解決した後に「もっと有利に進められたのでは」といった不満が出てくることも。

そうならないためにも、弁護士選びのポイントをしっかり押さえて、満足のいくトラブル解決を目指しましょう。

交通事故相談は弁護士がベスト!司法書士・行政書士との違いを解説

交通事故の相談をするとき、弁護士だけではなく司法書士や行政書士に相談される方もいます。しかし弁護士、司法書士、行政書士は似ているようで全く立場が違う職種です。

交通事故等で相談をする多くの場合、どのような対応が必要かを総合的に判断してもらうために弁護士に相談するのがもっとも有効で確実です。

以下で、行政書士や司法書士がどのような職種の人なのか、また弁護士との違いについて、みていきましょう。

行政書士は「手続き・代行」の専門家

行政書士は手続きや代行の専門家であり、「法律家ではない」という考えもあります。

交通事故で行政書士が対応するのは、自賠責保険の被害者請求や被害に合った後遺障害認定などの業務が主となります。これだけの依頼でしたら行政書士に依頼してもよいかもしれません。

行政書士は交通事故トラブル解決に必須の示談交渉や調停、訴訟などを行なうことはできませんので、イメージとしては交通事故処理の「サポート役」考えてもよいでしょう。

交通事故を専門的に取り扱っている行政書士事務所もありますが、基本的には弁護士と連携して交通事故問題を取り扱っています。行政書士が一連の交通事故トラブルを解決することは不可能です。

司法書士は「軽度の事故を解決する」専門家

交通事故における司法書士の立場は、「極めて軽度の事故を解決する専門家」です。

物損事故や打ち身などの軽度の人身事故の場合、弁護士に頼むよりも司法書士に頼んだほうが費用を安く抑えられる可能性があります。司法書士は、特定の範囲内であれば弁護士と同じような働きを期待することができます。

その特定の範囲内とは、訴訟などによる請求額が「140万円以内」の案件のものです。

ただ交通事故では、この範囲はあっという間にオーバーしてしまいます。すると、司法書士とは別に弁護士を探さなければいけないなどの手間があとから出てくることもあります。

結果的に「最初から弁護士に依頼をしたほうが良かった」という状況が生まれてしまうことも考えておかなければいけません。そこで、小さな交通事故でも、当初から弁護士に相談しておくことをお勧めします。

最初から弁護士に依頼をするのが最も効率的

行政書士はあくまでもサポートであり、司法書士は限定された範囲でしか動くことができないため、あとから急いで依頼をするよりも最初から弁護士に依頼をする事が最も効率的と言えるでしょう。

交通事故後、不測の事態に陥ってしまったとしても、依頼をした弁護士と連携関係を構築できており、弁護士を信頼できていれば、有効な対応をとることができますし、長期的に多くのことを任せていけます。

信頼できる弁護士を見つけることが何より大切

弁護士と言っても、それぞれ得意な分野が存在していますので、交通事故の相談の場合はやはり交通事故を専門に扱っている弁護士に依頼をすべきです。

幅広い分野を取り扱っている弁護士よりも、狭い範囲で専門性に長けた弁護士のほうが頼りになることがあります。

また基本的な事ですが、ご自分が「信頼できそうだ」と感じる弁護士に依頼される事が最も重要といえるでしょう。

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ