交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル » 正しく対応するための交通事故基礎知識 » 弁護士への相談

弁護士への相談

交通事故問題を適切かつスムーズに解決するために重要な、弁護士の探し方と相談方法を解説しています。

交通事故問題で悩んだら弁護士へ相談

交通事故問題をひとりでうまく解決できない・示談交渉がこじれた・不満や疑問があるなどの場合は、ひとりで無理をせず法律のプロである弁護士へ相談しましょう。

交通事故問題の知識があり、心身共に余裕があるなら個人でも解決は可能です。しかし、事故に遭って肉体的・精神的なストレスを感じている中で、さまざまな交渉・手続きをひとりで担うのはなかなか難しいものです。

弁護士は専門的な知識と経験を持ち、被害者のためになる的確なアドバイスをしてくれる存在。当然、交渉事や各種手続きにも精通しているため、被害者にとっては非常に心強い存在です。

また、保険会社から提示された示談金(損害賠償額)が適正かどうかも分かりますし、万が一低すぎる場合はきちんとした判断材料を持って保険会社と交渉してくれます。

多くの弁護士事務所では、交通事故問題をはじめとする法律相談を受け付けています。依頼する・しないに関わらず相談は可能なので、交通事故に遭ったらまず一度弁護士に話をしてみると良いと思います。 

交通事故問題に精通した弁護士の探し方

交通事故問題に精通した弁護士を探すのに、もっとも手っ取り早いのはインターネットで検索する方法。「自分の住む地域+交通事故+弁護士」といったワードを組み合わせて検索すれば、類似した案件をいくつも手掛けた弁護士がピックアップされます。

ネット環境がない・使用できないなどの場合は、日本弁護士連合会(日弁連)や日本司法支援センター(法テラス)、地元の弁護士会などに電話で連絡し、交通事故問題に強い弁護士を紹介してもらうとよいでしょう。これらの団体からは紹介料や斡旋料は請求されませんので、安心して利用してください。

また、自分が加入している任意保険に「弁護士費用特約」が付帯している場合は、弁護士費用を保険会社が補填してくれます。保険会社から弁護士を紹介してもらえることもあるので、特約がついている方はぜひ利用しましょう。

なお、どのケースでも紹介された弁護士に必ず依頼しなければならないという決まりはありません。直接話をしてみて、ご自分が考える「解決」の方向を、一緒に向いてくれる弁護士さんに頼むことが、問題解決の第一歩です。

弁護士を頼むタイミングは?

交通事故問題において、多くの人は以下のようなタイミングで弁護士に相談をしているようです。

交通事故発生直後
交通事故が発生してすぐに弁護士へ連絡・相談することで、連絡を受けた弁護士は事故の状況をリアルタイムで把握できます。さらに、その時点で最適な対応やその後の対応方法などを、的確にアドバイスしてもらえます。

しかし、現実的に考えて、親戚や知人が弁護士であれば相談できますが、事故直後に弁護士を探して相談・依頼をするのは難しいものです。

この場合はムリをせず、一度状況が落ち着いてから弁護士探しをするのが賢明です。

示談交渉中
保険会社の担当者は示談交渉のプロ。話を進めるうちに被害者にとって不利な状況となったり、早々に話をまとめられてしまうというケースも少なくありません。

こんなときは示談交渉がこじれる前に弁護士へ相談・依頼をし、代理人として交渉を進めてもらいましょう。

調停や訴訟に問題が発展
保険会社が提示する示談書の内容に納得ができず、法廷で争うことになってはじめて弁護士に依頼する方もいます。「ここまでもつれるとは思わなかった」という方も多いでしょうが、「なんとなく雲行きが怪しいな……」と思った時点で弁護士に相談した方が良いでしょう。

いざというときにすぐ本依頼ができますし、弁護士の信頼性や専門性をあらかじめチェックしておくこともできます。 

正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ