交通事故問題に強い弁護士の相談マニュアル【東京版】

サイトマップ

現役弁護士が監修する交通事故問題の解決方法まとめ

交通事故に巻き込まれたら
弁護士に相談を【東京版

徐々に減ってはいるものの、東京では毎年4万人近くの人が交通事故に巻き込まれています。その際、加害者側の保険会社から慰謝料が提示されますが、その金額はあなたの怪我や後遺症の治療・ケアに見合っていないものかもしれません。

なぜなら、保険会社が提示する慰謝料は各保険会社が独自に設定した任意保険基準を基にしているから。適切な金額の慰謝料を請求したいと思うなら、やはり法律のプロである弁護士に依頼するのが得策です。

弁護士が保険会社との交渉で基準とするのは、過去の裁判で認められた判例を参考とした弁護士基準。非常に説得力の高いものですし、場合によっては任意保険基準よりも数倍の慰謝料を請求できることもあるのです。

交通事故問題や慰謝料に不安・疑問があるときは、まず弁護士に相談してみましょう。依頼する・しないに関わらず相談を受け付けてくれますし、専門家のアドバイスは非常に心強いものです。

交通事故の弁護士相談費用と慰謝料についてのPICK UP コンテンツ

交通事故弁護士の
相談費用相場

費用相場イメージ

相談料や着手金、報酬金など、弁護士に解決を依頼した際に必要な費用について解説しています。

弁護士費用の詳細は?

保険会社が弁護士費用を
負担してくれる?

弁護士費用負担イメージ

交通事故の際、弁護士費用を保険会社が負担してくれる特約を利用するメリットとは?

弁護士費用特約とは?

弁護士に依頼すると
慰謝料が高くなる理由

慰謝料イメージ

保険会社との交渉を弁護士に任せると慰謝料が高くなる理由を解説しています。

慰謝料算出基準とは?

「交通事故が発生したら」いざという時の基礎知識

交通事故はいつ・どこで発生するか分からないものです。交通事故に巻き込まれると多かれ少なかれ頭が混乱し、正しい判断をしにくくなるもの……。そんなときに備えて、交通事故に関する基礎知識を少しでも頭に入れておくようにしましょう。その場でしなければならないことや、してはいけないことの区別がつくようになり、事故に対して正しく対応できるようになります。

》正しく対応するための
交通事故基礎知識

交通事故発生から解決までの流れ、示談交渉の進め方などを解説しています。

》交通事故解決に必要な
弁護士費用とは

弁護士への依頼に必要な費用の種類と相場、算出方法を解説しています。

》弁護士に依頼することで
請求できる交通事故の慰謝料

弁護士に依頼すると慰謝料が高くなる理由と金額の目安を紹介しています。

》交通事故で起こり得る
後遺障害の種類

むち打ちをはじめとする代表的な交通事故の後遺障害について解説しています。

》後遺障害の等級早見表

交通事故による後遺障害と認定される障害を等級ごとに紹介しています。

》交通事故の被害を
保障してくれる保険の種類

交通事故に巻き込まれたときの被害を補償してくれる保険の種類と活用法とは?

保険と裁判では交通事故の慰謝料に違いがあります

保険で掲示される慰謝料と裁判で掲示される慰謝料で違いが出てくるのは、算定の基準が異なるため。

自賠責保険は最低限の補償のために設けられた保険で、基準は低めに設定されています。任意保険はそれぞれの会社が独自で設けた基準をもとにしているので、掲示される額はバラバラ。

それに比べ、裁判では過去の判例などを元に慰謝料を算定します。これを裁判基準(弁護士基準)と言い、弁護士に依頼した場合、この基準を元に保険会社と交渉。過去の判例をもとにプロが交渉するのですから、適切な慰謝料が掲示されますし、保険で掲示される慰謝料の数倍の額になることも珍しくありません。

実際どれくらいの差がでるのか、表にまとめましたのでご確認ください。

後遺障害等級別慰謝料比較表

等級 自賠責保険の慰謝料 裁判所の慰謝料
第1級 1,100万円 2,800万円
第2級 958万円 2,370万円
第3級 829万円 1,990万円
第4級 712万円 1,670万円
第5級 599万円 1,400万円
第6級 498万円 1,180万円
第7級 409万円 1,000万円
第8級 324万円 830万円
第9級 245万円 690万円
第10級 187万円 550万円
第11級 135万円 420万円
第12級 93万円 290万円
第13級 57万円 180万円
第14級 32万円 110万円

交通事故で弁護士に相談するメリットとは

いつどこで巻き込まれるか分からない交通事故。そう何度も遭うものではないために、多くの人は正しい対処の知識がなく、いざというときに正確な判断ができず損をしてしまうことが考えられます。

とくに、加害者側の保険会社との示談交渉がうまくいかず、本来受け取れるはずの慰謝料よりも少ない金額で示談成立となっているケースは多いもの。

示談は一度成立してしまうとやり直せません。ここで泣き寝入りしないためには、交通事故に関する知識をしっかり身につけると共に、早めに法律のプロである弁護士へ相談することが大切なのです。

弁護士によって得意分野は異なる!

弁護士によって得意としている案件が異なっていることを皆様はご存知でしょうか?頻繁に携わる案件や所属している法律事務所によって弁護士の得意分野が左右されるため、依頼をする場合は自分の抱えている問題と合っている弁護士を探す必要があるのです。基本的に弁護士の自己紹介欄などに自分の得意としている案件を記載していることが多いため、その情報を基に判断するといいでしょう。または法律事務所自体が得意としている案件を公表していることもあるのでそちらも参考情報となりますよ。

弁護士は知識と経験が重要となってきます。自分の問題を任せるため、なるべく頼りになる弁護士を探す必要があるのです。ある程度どの弁護士でも法律のプロとしての実力があるため、得意不得意に関わらず案件をこなしてくれますがより良い解決に向かうためにはベストマッチが望ましいと言えるでしょう。弁護士の実績なども参考にしながら頼れる弁護士を選択することが重要です。

交通事故に関する相談は専門の弁護士にしよう

弁護士に得意不得意な案件があることは前述したとおりですが、交通事故などの様々な事情が絡み合う案件は特に専門家として仕事を請け負っている弁護士に相談する必要があります。交通事故の問題は保険、後遺症、示談などの色々な事柄が関係してくるためいくつもの知識が必要となるのです。また示談交渉などは、一度成立してしまうとやり直しの利かない部分となっているため、しっかりと交通事故を専門としている弁護士を間に挟んでやり取りを行なわなければならないのです。

後遺症が残るほどの交通事故の場合は、請求できる慰謝料の額も変わってきます。このことを知らずに自分だけで話を進めてしまうと後々治療費の負担で苦しんでしまう可能性も出てくるのです。さらに慰謝料の適応は自賠責保険の基準と裁判所の基準で大きくことなってきます。弁護士を雇うことで初めて裁判所基準の金額を請求することが出来るため、その点においても弁護士の存在が欠かせないと言えるでしょう。

いくつかの要素から考えても交通事故の問題は専門弁護士が必要となってきますが、弁護士に依頼する際の費用を心配している方も少なくありません。しかし弁護士の費用は保険会社から降りるケースもありますし、無料相談を受け付けている法律事務所や弁護士も数多く存在しているので気になることがあれば、すぐに相談するようにしましょう。相談は早めに行なうほうが対策も立てやすくなるのでオススメですよ。

弁護士によって慰謝料請求額は異なる?

弁護士によって慰謝料の請求額は異なってきます。この理由に請求理由と知識の量の差が関係しているのです。過去の事例などを良く知る交通事故の専門弁護士であれば、請求する慰謝料の相場や妥当な金額を裁判所に提出することが出来ます。しかし交通事故の案件をあまり扱わない弁護士などは、過去の事例についても知識がないケースが多いため請求額を定めづらいのです。こうした理由が慰謝料請求額の差を生みだしてしまい、弁護士選びが重要ということを物語っているのです。

交通事故を専門的に扱ってる弁護士にも経験の差はあります。そのため一概に専門弁護士が良いと言えないのです。中には専門は別のジャンルでも交通事故の知識や過去の事例に強い弁護士という場合もあります。弁護士選びにおいてまずは経験、その次に専門性という判断を行なうといいでしょう。また直接弁護士に相談する際にどれくらいの案件を請け負ったことがあるのかを訪ねておくことも有効的ですよ。

優良な弁護士を探す方法3選

抱えている問題をよりスムーズに解決させるためにも優良弁護士を見つけることが大切なことと言えます。これから優良弁護士を探す方法として一般的に行なわれている3つの手段を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1、インターネットで検索

優良弁護士を探す方法としてまず初めにインターネットを利用して探すという方法が行なわれています。インターネットなら全国規模で交通事故の問題に特化した弁護士を探すことが出来るのです。またインターネットには人気のある法律事務所をランキング形式で掲載しているサイトや弁護士のメリットや特徴を紹介している情報サイトなどもいくつかあるため、たくさんの情報の中から調べることが可能となっています。

インターネット検索で弁護士を探す場合の注意ですが、ネットに書かれている情報だけを鵜呑みにしないという事が重要とされています。必ずネットで知り得た情報の裏付けを行なう必要があるため、直接弁護士に尋ねたり問い合わせてみたりするようにしましょう。

2、友人や知人に紹介してもらう

弁護士に仕事の依頼を行なったことのある知人や友人から弁護士を紹介してもらうという方法も良い方法として多くの方が行なっています。友人や知人であれば信頼できる弁護士でもありますし、共通の知り合いがいるということで話合いも行ないやすくなるでしょう。弁護士によっては紹介という事で、着手金や相談料の割引などを行なってくれる可能性もあるのです。

弁護士を紹介してもらうことのもう一つのメリットとして、事前に弁護士の特徴を知ることが出来るという部分になっています。人柄や性格を前もって知ることが出来れば弁護士と良好な関係を築けるのです。問題解決のためには弁護士だけでなく依頼者の力も必要になってくる可能性があるため、二人三脚で解決に向かうためにも良い探し方と言えるでしょう。

3、法律相談所に紹介してもらう

法律相談所として運営しているサイトや店舗はいくつかあります。こうしたものを活用して弁護士を探すのもオススメですよ。依頼者のニーズに合わせて弁護士を紹介してくれるため、相性が合わないといったリスクを避けることが出来るのです。また万が一相性が合わない弁護士を紹介された場合は、再び選びなおすことも出来るのでしっかりと弁護士選びを行なうことが出来ます。ただし何度も選びなおしを行なうと、法律相談所から利用を拒まれてしまう可能性もあるので注意しましょう。

いくつかの探し方を紹介してきましたが、どの方法を利用して弁護士を探しても問題ありません。もしここで紹介している方法を利用して弁護士探しを行なうのであれば注意すべきポイントまで押さえておくようにしましょう。

弁護士に依頼する際の注意点

弁護士に問題解決を行なってもらう為に仕事の依頼を行なう場合、どれくらいの費用が掛かるのかを始めに聞いておくようにしましょう。弁護士を利用する場合やはり相談料や着手金、報酬金といった部分の費用が依頼者にとっては負担となりますので、最初にその負担がどれだけのものかを確認してしておく必要があるのです。費用の相談に応じてくれる弁護士であれば、最初の段階で費用についての話にもしっかりと乗ってくれるでしょう。また民事法律援助などの制度を設けている法律事務所であれば、負担を肩代わりしてくれることもあるので事前に調べておくことをオススメします。民事法律援助はあくまでも費用の負担を一時的に立て替えるという制度になるので、費用の支払いは必ず行なうようにしましょう。

費用についての注意点以外では、法律事務所選びが重要となっています。法律事務所によって行なっているサービスや料金体制が異なるのでしっかりと選ぶ必要があるのです。ランキングサイトや比較サイトを活用することによって、法律事務所選びを円滑に進めていくことが出来るようになりますが自分が法律事務所に何を求めているのかもきちんと考えておかなくてはなりません。いくつもある法律事務所や弁護士の中から、自分の問題に真剣に向き合ってくれる事務所や弁護士を探し出し、頭を抱えるほどの悩みを早期解決していきましょう。自分では解決できない悩みは法の専門家である弁護士に頼ったほうが良いのです。

免責事項このサイトは弁護士相談マニュアル制作委員会が2015年12月時点の情報を基に制作しました。
詳細な依頼費用は弁護士事務所へ、後遺障害の認定にかんしては医療機関へお問い合わせください。
正しく対応するための交通事故基礎知識
交通事故解決に必要な弁護士費用とは
弁護士に依頼することで請求できる交通事故の慰謝料
交通事故で起こり得る後遺症の種類
後遺障害の等級早見表
交通事故の被害を保障してくれる保険の種類

ページの最初へ